「母さんみたいになりたくない」で看護師を選ぶ

◆広告エリア

何の取り得もないし、これといった資格もない、その上、高齢。

それにもう一つ付け足すと、ブサイク。

この条件での職探しは、まずシニア部門でないと見つからない。

人間、一寸先はなにが起こるかわからない、というのは先人の知恵、

自分には縁が無いと思っていたら、いかんせん、そのとおりになってしまいました

若い頃、と言うと、かれこれ三十数年前になるけど、

あの頃は数年、会社勤めをして、23才から26才くらいで結婚。

それが極々、普通のパターンだったので、

自分を含めた友人達の知る限りは、短大・大卒が最終学歴の、全てOL。

そして、専業主婦になり出産し、子供を育て、

ちょこっとパートをして学費を助け、その子どもが成人・結婚、

女性で言えば、比例報酬制度の対象の最後の軍団になると思う。

そのレールに乗れたら何の問題もなかったのだけど、

外れてしまいました。踏み外してしまいました

さて、困った。これぞ、自己責任。

ISに殺害された後藤さんを、自己責任だと非難する人が多いようだけど、

他人に対して自己責任だとか言うな、と言いたい。己にいう事でしょと。

それで・・・困ったと言って泣いてはいれないので、今に至るのですが、

それを目の当たりに見ていた娘は、数年前の就職難も合わせて、

「母さんみたいにはなりたくない」と考え、看護師の道を選んだようです。

長い前置きで、すみません。

看護師になるには、看護の短大、専門学校、大学で勉強し、

最終的には卒業時に国家試験に受かれば、晴れて看護師になれます。

もちろん大学で必修単位を取得が原則です。

准看護師(看護時に準ずる)もあり、この場合、国家資格ではないので、

通常、看護師が、医師の指示なしで業務を行えるのに対して、

指示なしでは行えない範囲での仕事、という事になります。

就職後、准看護士から2年、3年、4年の学校で勉強して、国家試験を受ける方もあるようです。

同じ看護の仕事をしていても、

准看護師 平均給与  28万
看護師   平均給与  33万

給与でこれだけ差があれば、賞与も・・・・です。

知り合いの会計士さんが、看護師の奥さんの方が夫さんより年収多いし、

年収聞いてビックリした。・・・らしい。

きっとエキスパート看護師か看護師長あたりのポストなんだろうけど、

看護師長、同性として尊敬の念は抱くけど、聞くだけで怖そうな気がします。

その話はボチボチ書いていこうと思います。

先日の ロマネスクは、

一番シンプルで簡単な、茹でてドレッシンギとマヨネーズで食べました。

ブロッコリーと同じですが、ややキメが細かい感じでした。美味しかったです。

今日の懸賞
JTの「ごちそう林檎プレゼント」
『ごちそう林檎』280mlペットボトル1ケース(24本入り)をプレゼント
2月19日までです。24本は嬉しいので申込みました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!