友人のお母さんが亡くなられた・・・葬式のこと、七日ごとのお布施のこと、残された家族のこと、喪服のこと

友人から、母親が亡くなったと連絡があった。

既に、地元に戻り、通夜、告別式も終えたとのこと。

昨年暮れより、あと数か月かもしれないという事や、

年明けから、頻繁に帰省していて、

概要は聞いていたけど、・・・・

お疲れさまでした。

安らかにお眠りください、

いい子供を持たれて、育てられて、

最後も幸せな時間だったのだと思いました。

そう・・・・寂しくなったね・・・・

お父さんも、弟さんも・・・大丈夫だった?

うん、父は強いわ、なんとか乗り越えようとしているし、

一緒に買い物に行っても、

いつもは、母が袋に詰めるのを見ていただけなのに、

自分で、すすんで詰めていた。

頑張らないといけないと思ってるみたい。

弟は?

うん、泣いてたよ、お母さん好きだったからね、

まあ、これで、結婚する気になったらいいけど・・・

弟は、未だ、独身で、

某企業に勤め、仕事もしっかりしているし、

性格も問題なし、

入院中の病院でも話題になるくらい、様相も問題なし。

ところが、ああでもない、こうでもないと、

お嫁さんが決まらないらしい。

そして、大阪は皆、実家暮らし、

東京のようにひとり暮らしではないので、不便も感じない。

・・・・まあ、私も40才前までそうだった(笑)

姉としては、心配の種らしい。

仕事して、ゴルフして、いい車に乗って・・・

まるで、〇〇さんとこのご主人と一緒やわ(笑)

まあ、我が家の夫と比較したら、気の毒だけど、

ひとそれぞれ、タイミングというのもあるし、

もしかしたら、そろそろかもしれないね、

という事になった。

当然、葬式の話にもなった。

生前、お母さんが葬祭の会員になられていたそうだが、

やっぱり、大きなお金が動いたそうだ。

私の父の時は、

枕経から、仮通夜、本通夜、告別式と大変だったのがよみがえってきた。

告別式が終わってからも、

お寺さんは、七日ごとに、お参りに来られ、

その度に、5万づつ包んでいたのを思い出した。

いや、もう最近はそんなに高くないよ、

四十九日まで、お寺でお経を上げてもらうし、

変わってきていると思う。

という話。

我が家の場合は、

母は、一人っ子だし、

父方も兄弟が少なく、既に没、

そして子供は?

もう一人のきょうだいは行方知らず、

私と娘の二人で母を見送る事になるのだろう。

「母さん、本当に、家族葬になるね」

そんな話も母としているが、

まさに、家族だけになりそうだ。

そして、喪服も、

友人は今回、喪服は洋装で済ませたらしい。

確かに、その為に、また関西から関東に一式取りに戻らないといけない。

今は身内でも、洋装が多いらしいです。

喪服を頼んだあの日の光景が浮かんでくる。

呉服屋が和室に反物を持ってきて、

とんとん、くるくる巻きながら、

「お嬢ちゃんの喪服も、そろそろ作っておきまひょか」

「葬式はみな、黒でっさかい」

「紅染めがよろしおます・・」

そんな呉服屋の忙しく動く手元を見ながら、

「この色無地は30代までいけますわ」

とかなんとか言っていたけど・・・

とうとう、どれも袖をとおすことになく、60代だ(笑)

母の嬉しそうな顔が浮かんだが・・・

その母の夢をことごとく潰したこの私(-_-;)

罪は大きいな(@_@;)

だけど、実際問題、

我が家は、これから、介護期がやってくる。

色々、考える事多し、

いいのかな、今、こんなことしていて・・と思うけど、

電話口の母は、呑気に、他人事のように葬式の話。

もしかしたら、100才まで生きてくれるかもしれないし・・・

その時に、考えようと思います。

月曜の朝から、葬式の話になりました。すみません、避けて通れないので。

昨日の弁当。
舞茸は、朝、卵とじに。
ブリの照り焼きの残りも、持参(笑)
納豆、味噌汁も・・・
家ご飯みたいになりました(笑)

まあ、いつもひとり飯だから、
場所が変わるだけですが(笑)


晩ごはんは、これだけ。
あんまり、食欲なし。
簡単済ませました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加