恐るべし銀行マン妻、一体、何食べてるの~??

◆広告エリア

家に帰ると、

玄関に可愛いおすそ分けが置いてあった。

以前の勤め先の同僚からだった。

スーパーの経理をしていたのが、

かれこれ10年ほど前で、

金庫精査、売上伝票、勤怠に年末調整その他、

なんでもありで、

初めてのスーパー勤務で、楽しく仕事をさせてもらった。

なんと言っても、生鮮のとびきりの情報が入ってくる。

今日の鯖は脂がのってるぞ~

安くて旨い情報だ。

早速持ち帰り、お昆布で巻いて、酢で〆てキズシに。

(関西では、しめ鯖のことを、キズシと呼んでます)

辞めてから、長らくあんな美味しい鯖に出くわしてない。

幻の鯖だと思う。

そういう役得がスーパー勤務には多い。

同僚は、4人いて、皆、仲は良く、

合わない金庫の有高に頭を突き合わせてよく考え込んだ。

そして、皆、夫さんはステキな方ばかりで、

収入もしっかりあるのに、それでも働いていた。

そのうちの1人なんて、夫が銀行マンで、

恐ろしい年収だし、彼女が働く必要は全くなかったが、

経理事務を本社採用の正社員がすることになり、

「経理職はなくなった、残るはレジ打ち」で、

3人は辞めたけど、彼女だけ残留組となり、

頑張ってレジをやっていた。

もうそんなに働かなくっても、いいのにねぇ~

その同僚も去年暮れに、晴れて退職。

自分より3才も年上だから、

もうすぐ65才だ。

「お金はいつでも使えるから」

「いいものを買いたいから」

「美味しいものを食べたいから」

徹底している。

メガネはデパートの眼鏡売り場で買う。

ZOFFとは違う。

ああいう所のは、気楽にメガネとも呼べない値段だ、

ティファニーに居るような感覚だ。

一体、何、食べてるのだろうと思った事がある。

まあ、働く理由はなんであれ、

65才近くまで働いたなんてね、スゴイわ。

働かなきゃ行き倒れになる自分と違って、

余裕も余裕なのに、

なのに、これでもかと働くなんて、そうそう出来るもんじゃない。

そういうのを見て来たので、

なおさら、働かなきゃイカンだろ、と思う。

彼女が65才なら、自分は70まで頑張らなきゃなと。

残業で帰宅が遅く、

メールでお礼を送った。

「〇〇ちゃん、今どこに行ってるの?」

「なんか、いい仕事なーい?」

えっ・・・・(@_@;)

恐るべし銀行マン妻だと思う。


サクランボ、

大好きなの、覚えてくれてて、

ありがとう。

そう言えば、チッチとサリーって

あった。

チッチの足がサクランボの茎みたいでした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!