ドラマ「コウノドリ」の助産師のこと、

◆広告エリア

綾野剛の主演ドラマ「コウノドリ」が高視聴率だそうです。

その産科の現状や申告な問題、出産シーンに至っては臨場感もあり、

将来、助産師になりたいという女子が増えてきたとか。

助産師さんね・・・素晴らしい職業だと思う。

37才での出産の際、

誘発剤ありの、人口破水ありので、陣痛数時間の自然分娩で出産。

至れり尽くせりでの安産だった。

もう少し高齢になると中毒症も出てくるだろうし、もっと大変だと思う。

産科医は、出産時は、ほぼ最後での登場で、

出産の際は、ほとんど助産師さんにお世話に。

出産の感激もあり、助産師という仕事って素晴らしいと思ったけど、

看護師の卵の娘は、絶対に産科にはいきたくないらしい。

看護師資格を取得してから、

あと1年間、勉強をしてから、やっと助産師、

道程、長いしね。わからんでもないけど。

もし、あと1年と言われても、こっちが慌てる。

でもその2つの資格があれば、再就職、再々就職もなんのその、

常駐で必要なので、籍だけでも置いて、というのもあるらしい。

うらやましい話です。

もう一つ、敬遠している理由。

出産って、必ず元気な産声をあげて生まれるもの、

とだれもが思う。

実はいくら医学の進歩があっても、そうでないケースも多いそうで、

当然、38週分の期待が大きいだけに、そのギャップでもめる。

訴訟問題になるというのもザラにあるとか。

それもあって、産科の減少になり、

妊婦は産む場所探しに奔走することに。

年金もそうだけど・・一人しか産んでないけど、

もっと産まなきゃ、日本の将来が不安だ。

友人なんて、不妊で子なし、私、社会に貢献してない、と言ってたら、

ナントカクリニックで、一度に2人も産んじゃうし、

今の世の中、お金があれば子も授かれる時代なんだな。

それで、夫婦仲よければ最高だ。

夫婦仲の悪い我が家の会話は、

母:結婚は早くしなさいよ、グズグズしてたら絶対、一生独身だから。

母:美人に産めなかったんだから、若いのが取り柄で、頑張んなさい。

娘:まあね、残念。

母:初めが肝心、母の面倒みないといけない、と先に言っておく事。

母:後だともめるからね、でも母さん同居して気を遣うのは御免こうむる。

娘:私だって一緒はヤダよ。

娘:父さんは?

母:血も繋がってないしね、何もしてもらってないから、ほっとけばヨロシイ。

母:それとも、養子縁組だけ残して、家もらう?

娘:いらない。

母:母さんも、ジジ付きじゃいらない。

母:認知になったら、どこかに入所するだろうけど、

娘:いらない

母:そうなるよね

娘:母さんは自分で選んだ相手だからね、私に選択肢はなかった

母:ハイ、その通り

2015.11.28 001

買ってきたミンチボール、

超安かったせいか、どうも、

ドッグフードみたいでした、

食べた事はないですが。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加