派遣先を辞める、そうは問屋が卸さぬようで、

◆広告エリア

派遣で仕事についたものの、

こりゃ無理、働けないと思ったので、

派遣会社の営業に、今回の件を伝えました。

「それは、はっきりメーカーの△△さんに言っちゃってください。」

「向こうはわかってないと思いますから」

「こちらは、それで動きますから、大丈夫です。」

なんて優しいのだろう。

ずっと一人で考えていたけど、相談してよかった、派遣社員の味方だわ。

その次はメーカーの担当営業とも電話。

すると、この営業が意地っ張りで、ネチネチ派。

おつむ、がどうにも気の毒なことで、同じ話の繰り返し。

要するに、すぐ辞めてもらっては困る、という事らしい。

まあ、それもわかる。

最低2週間前には告知だろう、

先方は一ヶ月、という要望。

まさに、そうは問屋が卸さぬ、というところ。

こちらも、いい年の大人なので、多少は歩み寄るつもりでいます。

知らない事も一杯ある。

教えてもらうのは、彼女しかいない。

ところがこれがまた、偉そうで、

「一回しか言いませんから」で始まる。

怖いお姉さまは、

イヤな事は全部、他に押し付け、言いたい放題。

これが、なかなかすごい。

気をつけよう、こうはなりたくないです。

男性となると、豹変してキャラが変わるタイプ。

それはもうお好きなように、なのだけど、

イラッと来たら、今度は当り散らす。

思うのだけど、若くてきれいなら、まだ許す。

ワガママなお嬢ちゃんなんだな、って。

だけど、50でそれはないでしょ。

5分と一緒に居たくはないのだけど、

そういいながら、今の夫ともかれこれ15年、

出来ぬ我慢ではないかも。あと一ヶ月だ。

さて、その怖いお姉さん抜きの三者面談が

来週あるのですが、

問題点と、12月のいつまで働くか、になると思う。

どうせ一ヶ月も働くなら、夫を病気にでもすればよかったな。

自営だから転勤、とか言えないし。

随分と、ぼやきました。今だけ~ぼやき。です。

22222 013

キチキチに詰めるとなると、

白菜1個かな。

これは半分、二人でちょうど。

ポン酢は、旭ポン酢がよろし。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!