高齢就職、満員電車通勤を、生き延びる方法

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

今まで、長い間、会社勤務をしてきて、

この会社の、この部署の空気、かなり厳しいです。

私語というものが全くなく、

お通夜みたいな雰囲気、

ここまで徹底してるの、初めてです。

こんなにも違うものなのかなぁ。

通勤して、挨拶すると、即しごとで、

「今日は寒かったね、」「午後から雨らしいよ」

そんな、他愛もない会話も、一切なし。

コミュニ不足だな。

でも、右にならえで、黙って仕事する事にします。

仕事中に考え事していても、問題ないです。

まだ1週間なのに、放置です。

還暦近い年齢になると、

やっとの事で会社に到着すると、お茶でも飲んで休憩したくなる。

一仕事やり遂げた気持ち。

通勤時間も、勤務時間込みの労働ですね。

最近、痴漢とは遭遇しないけど、

すし詰めの満員電車、立ってるというか、挟まってると、ダメージが大きい。

なので、なんとかして座席に座る策を練る。

みっともない、とか恥ずかし、と思われても平気、

正真正銘のオバサンですから。

座ると立つでは大違い。

車両の真ん中のドアがいい・・・包括する座席数が多いので。

電車内に入ると、端、端から2人目あたりの席の前に立つ。

乗り換える人は、降りやすい端に座ってたりするから。

席の前、もう既に立っていても、その近辺に立つ。

次の駅、その次の駅で乗車してくる人に押され、前に立てる場合もあるから。

前に立つと、空いた席の権利を得られる。場合が多い。

後は、座ってる客が降りるのを心で祈って、立ち続けるだけ(*^_^*)

これもオバサンの生きる知恵、

この方法で、初日以降は座れました。

その前に、白髪頭だと、席をゆずってもらえるかもしれないな。

多分、染めなければ三分の一は白髪だと思う。

美容室で染めるお金はないので、自分でやってるけど、

髪にはよくないそうです。

ここの会社で3年くらい働いたら、

そろそろ地毛でいこうと考え中です。

その前に、3年もつか、という事になると思う。

半年もてば大丈夫?

自信のほどは、今までの経験を踏まえると・・・微量です。

321321IMG_2096

帰宅が8時過ぎ、

一時間で作って食べて片づけが目標。

温玉サラダの卵

温泉卵作器を、

出してくるのが面倒です。
耐熱容器に卵とちょっとの水、ラップは軽くかけて、チン。にしてます。

今日のはチンし過ぎです。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. アソポン より:

    セルフカラーですか?
    地毛のままはダメダメ10才老けますよ。
    私も白髪が多いのですが髪は染めてもらってます。
    私は美容師の学校で生徒さんに500円で染めてもらってます。先生がチェックしますけどね。
    そこの予約が取れない時はセルブローリタッチ2000円の店とか、グルーポンとか東京にならイッパイあるはず。

    節約大好きでお弁当派、お化粧もささっと、洋服は70%オフで買いますが…髪は女の命ですから特に白髪は気にして頂く事を勝手にお勧め(笑)

    部分的に分け目や生え際は1000円位のファンデーションみたいな白髪かくしクリームがあるので一ヶ月はごまかせます。

    • だめ女 より:

      アソポン様、
      今まで、髪をないがしろにしていました。ちょっと後悔。
      グルーポンも使ったことなかったです。
      これも、今後トライしてみようと思いました。
      髪だけは、安く扱うとダメですね。
      白髪あたまは、10年後、再検討にしました。
      限りある資源は、大切にしないといけないです。
      いいなぁ上手ですね、買い物。
      頭使って、もっと研究します、
      だいたい、頭のいい人は、要所要所のポイント押さえてると思うのです。
      昨日は、コメント書いていて、途中で寝落ちし変な文章ですみませんでした。

  2. くるりん より:

    以前、真夜中に コンビニ弁当を製造する
    会社に勤めた事が有ります。黙々と 無言で
    作業をするのですが なんか、異様な気分でした。
    白髪は 小まめに染めまず。安い美容室で。これは、
    人前に出る仕事をしてきたので 化粧より 優先です。
    都会は 時給が良いですね。最低賃金の 県に
    住んで居るので びっくりです。時給1,000円 貰おうと
    思えば 水産加工とかしないと。長靴履いて きつい、汚い、危険
    が伴います。
    私は たまたま 空きが出たので 採用されたので 運が良かっただけです。

    • だめ女 より:

      くるりん様、
      やっぱりそうなんですね。
      髪は大事な身だしなみのひとつなのに、私、いつもボサボサでした。
      若くはないのだから、そこはきちんとすべき所でした。
      ちょっと、考え方、変わりました。^^
      家の近所のスーパー鮮魚部にママ友が勤務していますが、
      東京近郊でも1000円だった筈、
      都内だけが高いみたいです、
      時給と仕事量、難しいですね、無理はしたくないし、とつい思ってしまうけど、
      お金も必要だし、やれるところまでやろうと思いました。

  3. 五月 より:

    私も5分の1くらいは白髪ですが髪にやさしいヘナで染めています。ただオレンジっぽくなるので会社によってはどうなんでしょう?白髪はふけるし肌もくすんでみえます。
    くるりんさんが勤めていらした真夜中のお弁当工場、桐野夏生のOUTを思い出しました。

    • だめ女 より:

      五月様、
      ヘナ、いつも広告を見ているのですが、未だ購入せずです。
      髪の色は何番まで、というのがあるらしく、
      みなこげ茶色にしているみたいです。
      白髪は10年後にまた考えようと思います。
      かなり老ける気がしてきました。
      真夜中のお弁当作り、あの小説の中身は身近なあり得る話だなと思いました。