紅茶ティーパックに糸がなかったそうですが・・・・人生100年計画って、どうすりゃいいのよ(・_・;)

死んだ者の年を数える。

未だ、そんな事をせずにはいられない。

東日本大震災から8年、

そして、阪神淡路大震災から24年、

突然家族を失い、

残された者の心には、大きなく深淵な穴が空いた。

震災だけでなく、

ある日突然、事故や病気で家族を失う事もある。

脳出血であっという間に逝った父を、

そして、短い介護の後、

抱きしめたこの腕の中で逝った、わが子・・わが愛犬、

そして、

今も生きていたら、何才なんだなぁ・・・

一緒に年を重ねたかったな・・・と思う。

勿論、母もそうだろう。

日常、そういう場は、人生で数回あるかないかだけど、

そういうあまりに不条理な瞬間を、

度々、ほぼ毎日、経験している娘なんて、

心のダメージって、どうなんだろう・・・と思う。

医療従事者としての役割、責務だろうな。

それが無いと、辛すぎる、

そのうち、私もお世話になるのだろうけど。

昨日、ふと目に入ってきた、「人生100年計画」

2050年には、4人に一人が100才を迎えるらしい。

ホントなの?

恐ろしい。

ボケてしまったら、怖いものは無いけど、

はからずも、精神面で健康体なら、

たかだか80才くらいまでなら、想像も付くけど、

いきなり100才じゃ、ハードル高すぎる。

もうそうなれば、野となり山となり、なるがままかも・・・(・_・;)

そんな、事を考えて、ちょっとブルーになっていたら、

連絡があって、母に電話。

「糸が無い」

「あの紅茶、ティーパックなのに、糸が無いのよ」

・・・・・・・・・・

「でも、生き返ったわ、美味しかった」

「〇〇ちゃんも、飲んでみなさいね」

呑気な声が聞こえてきた。

年寄りって、「いつもと同じ」

これが、安堵感と、心の安らぎ、につながるようだ。

例の、ハロッズ14番の紅茶、

ティーパックに糸が付いてなかったらしいです。(笑)

88才にして、衝撃の出来事だったみたいです。

「あ、そ、輸入だからね」

と言っておきました(笑)

紅茶飲んで、行き返って、長生きしてください。

昨日の夜ご飯、
帰りのスーパーでサンドイッチ、半額でした(^_^)/
たまには、いいだろうと(笑)
シイタケ・手羽先の煮物は、にこごりになってました。
手羽先は、コラーゲン、多いんだよね、
効くのかしら^^

昼弁当。
やや少な目にしました。
これぐらいがいいのかなと。
まだ寒いので、カップスープが旨かったです。

さて、今日、出勤すれば、連休。
頑張って行こう。
とにかく、100才なんてムチャな話だけど、
80才ぐらいまでは、自分でなんとかしなきゃ、マズイと思う。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加