実家帰り最終日、慌てて介護認定に動く、新幹線、静岡でギアチェンジして帰ってくる。

帰ってきました。

関東の我が家に着きました。

おもいきり寝てました(笑)

やっぱり・・・ここが私の家?

イヤ、63年のうち、

この家は、たかだか18年じゃないか、

でも、ぐっすり寝てました(笑)

ホームセンターも携帯店も、

「風邪気味だから、止めておくわ、」

「まだ、もうひとつ、スッキリ治ってないから」

ふーーん、そうなんだ。

でも、私がい居る時の方がよくないの?

それでも、無理はしたくない、というので、仕方ない。

用事も済ませ、

新幹線の時間変更も済ませ、

さあ、明日は帰省という日の夜に・・・

こんな手紙が届いたと見せてくれたのが、

介護認定の申告書類、

これって、今、なんでしょ!(゜o゜)

関東、保育園時代からの友人に電話、

介護経験も長く、現在、施設の相談員の専門職中。

母の写真も送る。

身体の姿勢、何とかしなくちゃだめだ。

教えてもらった。

・まず、整形外科の診察を受ける。

・いつも通院していない整形外科でもよい。

・まずは、介護認定を「要支援1」からあげないといけない。

・介護サービスは利用してもしなくても、皆、その認定を取得する。

・それが済んだら、市役所か包括支援センターで、状況を説明。

・そこまでは、○○さんが、一緒に行って・・・・

ということで、

また今度でいいわ、という母のお尻を叩いて、

・・・・というのも、

「そんな事も子供に付いて行ってもらうって恥ずかしい事だわ」

これが、自立している老人のぶつかる壁らしい。

なんでも頼る親なら楽なんだけど、

と、その友人から聞かされていた。

まさに、その通りの事を言った(笑)

知らん顔して、とにかく、行くからね!と。

朝一番に、タクシーで、整形外科へ、

そういう所に行くと、俄然、しっかり歩くので、

事前に、打ち合わせ。

いつも通りでいいからね、

母は、私と違い、嘘をついたりして生きてきた人でないので、

ソコのとこが難しい。

非常に素直で、誠実というのは、時にして、厄介だ。

とりあえず、レントゲン迄、受け診察終了。

すぐ手術、入院、という状況でなく、安心はしたが、

それじゃあ、認定、また要支援のまま?

とりあえず、タクシーで包括支援センターに移動。

いざとなれば、帰省の予定は延期、

まずは、母だ。

母、ありきで、このバカ娘なので。

そして、全部終了。

だからって、全く歩けません、とは・・・

いくらなんでも言えないしね。

しかし、皆、その認定を取るのに、苦労するらしい。

独居か、家族と住み、これは関係ないらしい。

とりあえず、今、できることはやった。

遅めの昼ごはんを母と食べ、

ヨカッタネ、

次、連絡あったら、電話してね、

でも、きっと、事前には言ってこないと思う。

これからは、私が担当者と電話連絡かな。

で、帰ってきました。

できる事、できるだけできて、ホッとしました。

まずは、ここが、介護の始まり、スタート地点なんだろうけど。(=゚ω゚)ノ

実家での最終日、朝ごはん、
大阪船場の質素な朝ごはんです。
昔から、お箸は各々、お箸箱に。
使用人も多く、
あわただしい朝のしきたりなんだろうな。
まるぼし・・・二枚おろし・・(゜-゜)
頭ないし・・・はらわた、ないし・・・(笑)
母がそうして食べてきた三つ子の魂・・・(笑)

さあ、一路、関東へ。
はい、ここは、日本で一番にできた、歩く歩道。
阪急百貨店前。
左が追い越しです^^

さんざん、ゴチソウ食べたけど、
これで、打ち止めですな。
最後の晩餐。
柿の葉寿司~
鯖と半々で、旨し。

あっという間に、静岡。

さあ、ギアチェンジだ。

関東モードい切り替え、シャキーーーーン( `ー´)ノ

って、ちょっと、疲れたね。

さあ、ゴミだしです。

いつもの朝が来ました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加