ベッキーさん結婚おめでとう、不倫と結婚相手の職業のこと・・・カレー鍋で温まる

昨日、ベッキーさんが、結婚されたというニュースが流れた。

良かったなぁ~

おめでとうございます。

笑顔満弁の映像を見て、

他人事ながら、ホッとした方も少なくないと思う。

だれだって、失敗、

人に言いたくない過去はあるよね、

ただ、芸能人と言う立場上、

また、相手が既婚者と言うのは、よくなかった。

そんな針のむしろ期を超えて、

今回の祝報、

人間、真摯に前向きに生きて行けばね、いい風に変わって行くものだ。

好きになる、という恋愛感情は、

相手が既婚者であろうと、発生する。

ここまでは、人間の自然な感情だから、仕方ない。

ただ、そこで、この人は対象外、のカテゴリーに分けられるか、という事。

できない人も居る。

そうなると、不倫枠になる。

娘の友人にも、そういう人がいる。

皆して、説教するらしいが、

狭められた視野は、猪突猛進、

立ち止まって考えることもしないようだ。

過去、私の友人達にも、何人かいたが、

99%不成立。

いついつまでに別れて、というのは、ないと思って間違いない。

それだけ、結婚、家庭、子供、というものは、

切り離すことは、そう簡単にはいかないものだ。

だいいち、時間がもったいない。

何が良くって、そんな男と・・と思うけど、

当事者でないと、

当事者じゃないから、冷静に見えるのだけどね。

友人の娘さんに、お付き合いする人が出来た。

ところが、職業が・・・笑ってしまった。

居間、流行りの、ユーチューバーだそうで、

それなりの閲覧数を持ち、収入も大きいらしい。

身近な処であるものだ。

ところが、そこで、待ったがかかった。

シングル家庭で育ち、

長子の兄が、社会人となり、今は父替わり。

「兄ちゃんが、それは許さんからな」

「サイドビジネスならまだしも、そんな不安定な仕事はダメだ」

「僕が会って、話そうか!?」

持つべきものは、しっかり者の兄妹だなと思った。

そして、早い段階で、アウェー。

今は、超硬い仕事の彼が出来たとか。

良かった。

シングルで育てた甲斐もあったというものだ。

私もよく似たものだけど、

こちらは、一人っ子。

何かあれば、忠告、アドバイスは、私のみ。

親がいうのと、きょうだいが言うのではまた違うのだと思うけど、

言うしかない。

でも、

そういう人も皆無のようなので、

「焦らなくっていいからね」

「そのうち、現れる」

とは言ってあるけど・・・

あの階段の一件以来、

こりゃ、マズイかも・・・と母は思いはじめています。

とりあえず、真っ当に生きてさえいてくれたら(笑)

昨日は、カレー鍋にして、温まりました。
冷凍しておいた肉、
早く食べないと、消費に励むことに。

うどんがなかったので、
瞬間にできるそうめんを投入。
今日の弁当にも、持参です^^
まだまだ寒い。
もうちょっと頑張ろう。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加