サ高住には住めないかも、・・ペットのことが気がかり

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

サ高住に住めない?

現実は厳しいです。

早速、暗礁に乗り上げ、深刻になりました(‘Д’)

老後、子供の世話にはならないと決めたので、

同居は、論外。

近所に住むという条件も問題外。結局世話になるという気持ちがありあり。

それもあてにしているようで情けない、となると、サービス付き高齢者住宅がある。

まだ先だけど。

そう、今は、まだまだ働けるけど、

そう考えて、ヒマなので、念のために、相場を調べてみたら・・・・

なんと恐ろしい金額 (・ω・ノ)ノ!

今後、自分の生きていく場所となると、

山の中では、生きてはいけないし、

生まれも育ちも勤務もずっとビルに囲まれた都会。

悲しい習性で、ビルとネオンとお店が無いと、鬱になること、間違いなし。

そうなると、都内もしくは、隣接の県でサービス付き高齢者住宅なのだけど、

ペットも要るので、ペット可能と絞り込むと、

月の入所費用が、25万、30万、40万、100万、

何ソレ・・・・と言う金額になりました。

おりしも、ペットのニシキヘビが逃げて、今、大騒動になっているけど、

管理が甘かったのは、100%飼い主の責任。ペットを隠して飼っていたようだし・・・。

飼い主は、片手に乗る大きさから、育ててこられたとの事なので、

大勢の人に迷惑を掛けて言葉を飲み込んでおられるであろうけど、

何日も食事も出来ずに逃げ回っているペットの事が、気が気ではないと思う。

犬は、呼べば帰ってくるけど、

ヘビとなれば・・・飼ったことが無いので、分からないけど、帰巣本能ってあるのかな?

何事もなく、無事見つかるように祈っています。

私にも、おしゃべりな鳥が一羽いるので、

途中で放棄など出来ないし、

一生一緒なので、これからの施設であろうと、どこでも、一緒。

もし、サービス付き高齢者住宅に金銭的に住めないなら、

残された道は一つ。

死ぬまで現役でボケずに暮らす。それしかないね。

いよいよ、生涯、健康でだれの手も借りずに、一人で生きる。と言う事になりました。

もちろん、友達は多くはないけどいる。

でも、あくまでも、友人。

皆、各々のバックグラウンドが異なる。

先日の同居回避の友人は、一緒に住もうと言う娘さんもいるし、独身なので彼も、居る。

同じ立場ではないので、そこのとこを、勘違いしないようにしようと思う。

つい、同類と思ってしまうけど、違うんだよね。

昨夜、大阪の同僚が気になって電話したら、

「明日から、予約受付やわ」

「大規模接種だから、申込むよ」

それより、施設とか、決めてる?と聞いたら、

「なんで、そんな早くらから入所せなアカンの!?それだけお金がいるのに」

「85才までは、自分で頑張るよ」

「だって、今も、カーブス行って、鍛えてるよ」

すごっ!

ふーーん、そう言うもんなんだな。

友人は、純粋独身、親を看取って、現在単身なので、彼も居ないし(そのはず)

その教えを乞おうと電話したら、

以外とアッサリしたものでした。全然気負いなし(笑)

あの、そんな年金、知らんかったの友人です。

お気楽です。地元はみんな、そう。(=゚ω゚)ノ

同じ金融で、私よりもっと後に退職したので、年金も多いだろうし、

その辺りは、しっかり準備していると思うけど。

なので、私は年金を繰り下げて、増やすし、

また、働くし・・・・

昔からそんな勤勉な人間ではないので、あの母の娘なので、楽しみもないとね。続かない。

娘とケンカして、偉そうに言われたので・・・・メチャ、偉そうですよ、看護師って・・・

ヨシ、絶対世話にはならんと決めたけど、それは、今もそうだけど、

とりあえず、母の介護からですから。

東京は、皆、働いて、頑張ってる人の集まりなので、

つい、私も頑張らないと、と思うのだけど

地元の友人と話すと、ほっとしました。

「そんなん、ちっとも、楽しないやん、ずっと働くの、しんどいやん、いつ死ぬかわからんのに・・・・」

その通り!よくぞ、言ってくれた(笑)

とにかく、緊急時のレスキューの話もし、今日の予約の話もして切りました。

元気で生き延びたら、夏に高野山でも行こうと誘うと、

「あそこはお墓ばっかりやから・・・奥の院は、織田信長、豊臣一族、明智光秀とか、陰気臭い」

大笑いさせてくれました。そうやけど・・・・涼しいけどね。

まあね、まだ頑張りますが、

ほどほどに頑張ろうと思います。やっと肩の荷も下したのだから、

そんなに背負い込まなくってもね(笑)背負うのが好きな人間です。筋肉もないのに(笑)

「〇〇ちゃん、もう十分、頑張ったやん、」

ありがとう。でも、お金は無いのよ(゜-゜)

前日の残りの砂肝炒めに卵を足しました。

昨日も、不仲な夫は、一日、家に居たので、簡単に済ませました。

朝の小走りランニングで、
こんなところに逃げたら、探すの大変だろうなと思い、見ていました。

早く、飼い主と会えるといいね。怖い思いしているだろうね。

最後のばら、赤いバラも咲いてきました。
これは修景バラで、ちいさいので可愛いです。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加