母が貧乏年金生活になった訳、気が付いたのが遅すぎた(゚Д゚)ノ

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

人間、高齢になって、頼れるのは、お金だと言う事、思い知りました。

と言うのも、とんでもない母の過去バナを聞いて・・・・

だからお金がなくなり、貧乏になった理由が分かりました。

先日、母と介護施設の話をしていて、

「もういいわ、頭も変だし、お金もないし、もうどうなってもいいわ」と言うので、

お金は、もう一人のきょうだいに渡して、結局、ウソを付かれ、自己破産されて行方知らず。

思い出したくないのは分かるけど・・・・これが現実。

なので、お金は減っているとは思っていたけど。

母の一言に、腰を抜かしそうになりました。

「お金がいくらあるかなんて、計算した事もなかったわ」・・・・

・・・・ヒェーΣ(・ω・ノ)ノ!

ホントなら、設備の整った有料施設が母には向いていると思っていましたが。

どうも、全く無理そうな感じです

唖然Σ(・ω・ノ)ノ!

だって、お父さんが、全部、お給料を渡してたでしょ。

その父が急死し、まだ年金生活ではなかったので、

そこから、母の寡婦年金がスタートしたのですが、

持ち家だし、私は30代の金融独身女子だったので、

それまで、食費を入れるしきたりが無かったので、入れようか?と聞いたら、

母は、大丈夫、自分で結婚の貯金にしておいて、と言われたので、

そう言うものかなと思って、ボーナスの時だけ、お小遣いをあげるぐらいでした。

そもそも、そこから、間違っていたのだと思いました。

私も甘かったです。同罪ですな・・・。

母は、お金の計算ができない人でした。

もうちょっと、しっかりしていると思ってたけど・・・・アカン、

船場の糸はんに生まれ、お金の苦労をした事もないし、

宝塚をレッスンを受けて、受験したぐらいだから、金持ちだったんだと思いますが。

お勤めもしたこともないし、

私が知ってる限りでは、肉もデパートで買ってたし、なんでも、いい物を買ってたのだと思います。

化粧品もランコムだったし、(笑)

だけど、90才でランコムはないと思うけどね,無駄だと思います。

洋服も、専業主婦だから、沢山は必要ないけど、買う時は、ポンッと買っちゃうし、

覚えているのは、当時、三越の外商で、サイフなしで買い物してましたね。

〇〇さんに~で、済むんだから、こんな便利な買い物はないよね。

私も、その頃は、使わせていただきましたが。

でも、三越なんて、若い子には、ちょっとね・・・・

私が、独身に戻った頃、母から聞いた言葉で、

スゴイな、と思ったのは、

「そんなつまらない事を考えない方がいいわ、お金で済む事なんでしょ」出た、Σ(・ω・ノ)ノ!

通勤から帰宅すると、すぐ暖かい手作りの夕食が出てくるし、美味しいし、

洗濯物は、出して置いたら、綺麗にアイロンがかかって吊ってあるし、

その快適さに、40才近くまで実家住みとなったのだけど。

ずっと一緒に住んだらいいという最大の味方、父が亡くなり、

見合いはさせられるし、とんでもないと、プリプリ怒っていたけど、

徐々に、母娘二人暮らしの息苦しさを感じるようになり、一人暮らしを試みるも、

阻止されるし、大阪はその点古い、東京とは違うので、

利便性もあるから、皆、結婚までは実家です。

それなら結婚で出るしかないな、と適当に決めたら、大失敗するし、

あれだけ、こだわって、好き嫌い言ってたのに・・・・

だけど、この後が、最悪になったのですが。・・・今です。Σ(・ω・ノ)ノ!

母は、その後も、気にせず、今まで通りの生活を続け、

スーパーのお菓子も食べた事ないし、節約が出来ない人だったのだと

最近、実家に暮らし、気が付きました。要領も悪い、

なんで節約しなかったの!?

父さんだって、テーラーで何十万もするスーツ誂えるのなんて、

不通、サラリーマンは、吊りなんだよ、そうやってお金残すのに、

そんな高いのは、麻生大臣ぐらいなもんやわ。

まあ、父さんは高額所得だったけど、

死んだ後は、節約しなきゃいけなかったんだよ。

母の育った環境は、仕方無いにしても、今を見ようよ、現実だ。

同期の友人に、電話で、とんでもない事になってたわ、

お金がいくらあるかなんて、考えたこともなかったって、言われたし・・・・とぼやいたら、

「そりゃ、しょうがないわ、考えてみ、船場の育ちだし、お母さんが最後に受け取ったのは、お父さんの給料でしょ」

「証券役員の給料なんやから、お母さんはそのままシフトチェンジせずに今まで来はったんやわ」

そんなアホな・・・普通、いくらあるか、考えるよね。信じられへん、怖すぎるわ。

だから、今頃になって、お金ないって事になるんやわ。

私なんか、毎月、計算してる・・・

節約は必要です。生きていくためには。必須です。

私に任せてくれたら、よかったのに、母を信じたのが間違いでした。

家事はきちんとしていたので、大丈夫だと思っていたけど、

底なしのバケツみたいなものでした。

母は父が居ないとだめだったんだな・・・・今ごろ気が付きました。

生命保険にも入ってないし・・・・

お父さんが、母さんの葬式出してあげるって言ってたから、安心してたもの、

そんなん、回答になってないわ。

だけど、なんとかしないといけないし、

おかしいと思ってたんだよね。

年金があるのに、そんなんで全然足りないって・・・・・

それじゃあ、年金生活って言わないんだよ。

それに気が付いたのが、・・・・母、90才。

遅かりし~由良之助Σ(・ω・ノ)ノ!

娘の私は、貧乏だし、

こりゃ、深刻ですよ

高齢になって、頼るのはお金だなと思いました。

介護施設の料金も、地方なら、まだもう少し安いけど、

都市圏はメチャ高いし・・・・

昔と違って、介護保険制度が出来て、

多少は助かるけど、

母のような人は、完全にボケない限り、施設は無理ですね。

もしくは、高級老人施設かですから。

それは、お金ないし・・・・

そんな母に育てられたので、私も、いい加減、丼勘定なので、

自分では、節約していると思っていても、まだまだ甘いのかもしれないです。

もっと、切り詰めないとね、

キリギリスになってしまう。

頑張ろうと思います。

まだ、何かしら、働けると思うので、

政府は、年金開始を70才、75才とか言ってるのだから、シニア雇用は増えて行くと思います。

とりあえず、コロナが落ち着いてからだけど、

まだ、先は長い。

やるしかないです。母と同じ轍を踏まないように

同じことを娘に言われないようにしようと思います。

肉が無かったので、先日の「大豆のお肉」を使ってみました。

乾燥しているので、、戻さないといけないようですが、

面倒なので、スープカレーの下煮に入れました。

さて、お味の方は・・・・・

微妙です。

肉の味ではないです。
歯ごたえのあるコンニャクみたい。
肉だと思って食べました。どちらかと言うと、カスカスの豚肉かな。

今日のスキマ料理。
胡麻油で炒めて、減塩塩昆布。ラー油
量が減って、食べやすかったです。

買い物せず、あるもので済みました。

よっぽど、節約しないと、お金って、残らないと思います。

唯一の頼りは、永年、社保を掛けて、フルタイムで頑張ったので、年金だけです。

それも、現在、繰り下げ中なので、どこまで、元気で、生きるかです。(=゚ω゚)ノ

一昨日、コンビニスイーツを買った時に、ついでに買いました。
袋の中が小分けになっていて、3個づつ入っていて、便利でした。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加