脳、精神病院での母の診断結果、受診は早い方がよいです、本人、家族にとっても、

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

脳、精神の病院に行ってきました。

送付された手紙には、数時間かかると記載があり、戻るのは夕方だと思ったので、朝から、昨日も母が食べたいという希望だったので、朝から、スーパーに、夕食の弁当を買いに行き、大急ぎで、帰宅、ギリで、送迎の介護タクシーに、間に合いました。

なにしろ、どしゃ降りの雨だったので、帰るなりヒーター前にコートをかけて、乾かす事に、ふと、気がつくと、いつのまにか、ヒーターは、消されてました、周りをみて判断できないから、仕方ないかぁ、、、

いいから、コートはこれを着て、靴はくのも、時間かかるからと、母をいそがせました。

案の定、グズグズしているうちに、タクシー到着、

普通のタクシーと異るのは、玄関まで、迎えに来てくださり、歩行介助もある、昨日のような、雨の日は、涙出そうな位、助かりました。

急がせたので、母は、

「そんなに、偉そうに、乱暴な言葉使いするなら、私、一人で行けるから、一緒に来てくれなくていい」と、切れるし、そんな所に、ガタイのいい男性が、現れ、すぐ、車椅子に乗せて乗車でき、母は、おとなしくなり、ぶじ、病院に着。

家を出る際に、マスク!今、すぐ、マスクして!と言ったのに、やってないし、、、病院入り口で、注意受けました。

高齢者が多い病院だから、マスク、検温は、必須。

マスク、目にかけて、どうするのよ、

母さんが、感染したら、私も感染だからね、

隙間作らず、こうやって、、と、必死でした、あちこち触るので、その度に、持参の除菌シートで拭きまくりました。

検査項目は、身長、体重測定、レントゲン、

採血、MRI.心電図、

それに、医師の認知度テストや母の生活状況に、生活環境、家族の確認、

テストでは、昨日当日の年月日が、返答できず、いくつかの名詞も覚えられしぞ、一年前に、娘が、ダウンロードして、これ、おばあちゃんにさせて、と送ってきたテストでした、

心理士によるテスト、聞き取りもあり、私は、同席していないので、詳細は、わかりませんが、、最後に、医師から説明があり、

診断結果は、

高齢による脳の委縮、アルツハイマーが認められるので、施設の入所、もしくは、すぐに難しいなら、入院、

可能であれば、デイサービス利用も、勧められました。

途中、トイレに行きたいが、何度もあり、車椅子用を使用。例の多目的トイレですが、車椅子には、必須だとおもいました。

母の様子を見て、こうしろ、ああしろと、色々、注意してきたけど、

検査結果を聞いて、

無理な注文して、可哀想だったなと、後悔しました。

娘に、いちばんに、精神科、受診させろと、一年前に言われたのを、すぐ、するべきでした。

今回も、友人から、聞いて、いよいよ精神科かと、腹をくくるまで、時間が、かかりましたが、、、、病気だから、私が注意も、反対に、可哀想でした、

最後の医師の説明は、母と二人で聞きましたが、母は、理解できてないようです、

医師から、かかりつけ医と、家族への検査結果の手紙を頂き、帰宅。4時間近くかかりました。

母は、お腹が空くと不機嫌になるのも、見ていて、、、私の倍は、食べるようになりましたから、

体重は、元々、41キロだったので、少し増えていますが、満腹感の神経も正常では、ないようです。

ケアマネジャーに、メール報告、

明日、話し合いになりました。

気が付くと、施錠せず、寝倒れてるし、トイレ周りも、よく汚すようになりました。

まずは、安全確保から、進めていこうとおもいます。

なんだかなあ、、、母の最初の、

「私、頭が変になってきたみたい」発言から、あっと言う間でした。

薬の服用については、医師は、副反応もあり、消極的でした。

足りない、足りないと言うので、冷凍おにぎりも、チンしました、って、、、ちょっと、多くないかい?( ゚д゚)

1日、留守番でした、犬と一緒で、私が帰ると、安心して、餌を食べ始めました。

帰ると、1番に、声かけに、二階にいくと、

「コワカッタ」と言ってました。

すまぬ、

ピーナッツあげました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加