天井がグルグル回った、今も回ります、昼は魚弁当、夜ごはんも魚(笑)

相変わらず、体調は変わらず、不調。

毎年、木の芽時は、よくないのだけど、

今年は思いのほか、疲れなのだろうか・・・

とにかく、自宅に戻ると、寝てばかりいる。

とにかく、睡眠だ。

そして、必ず、寝る時は頭の右を下にして寝ています。

そうしないと、目が回るので。

元々、疲れと睡眠不足、その他に、

精神的なダメージなんだろうけど、

重なった時に、突発性難聴になった。

天井がぐるぐる回った。

その頃は、十二指腸潰瘍の跡もなく、

内臓疾患は問題なかった。

どうやら、三巻半規管や自律神経にきたらしい。

それを忙しさにかまけてしまい、耳鼻科にかかるのが遅れた。

ステロイド投与など、処置が遅れた。

少しは改善したが、

元には戻らず。

そして、また数年して、悪化し、

もう左の耳は、ほぼほぼ、使えていない。

突発性難聴は、家族に不幸があったり、

親しい人の死などで、

精神的ダメージが来ることが多かったり、

年末年始のバタバタが終わった頃に、

発病する人も多いらしい。

私は、9月だったけど。

それ以来、頭の左を下にして寝ると、

天井が回る。

反対にして寝ると、問題ないし、

上を向くのは、問題ない。

ただ、右を下にすると、聞き耳が枕でふさがる。

聞き取り率は悪くなる。

夜や朝方に、誰かが訪ねてくることは無いけど、

日中も、聴力は鈍いので、

玄関のインターンホーンが鳴っても、

2階にいると分からない。

そこで、最近、ふと、気が付いた事。

最初は分からなかった。

我が家の愛鳥が・・・

「ハーイ!%&#△□$・・・」

鳥は目もいいが、耳もいい。

急に、「ハーイ・・・」を喋りはじめると、

玄関に宅配業者が居て、

不在配達表を書いてたりする(・_・;)

私が二階から返事をして大慌てで降りて行くのを学習したらしい。

どちらにしても、今も、

右の耳は固まったままで、

一生、これは治らないらしい。

ただ、片方しかならないと思っていたら、

健常な右の耳もダメになりかけて、

御茶ノ水の神尾病院に飛び込んだ。

大学の授業料をねん出していた頃だったので、

無職になるわけにはいかない。

早くに処置をしたおかげで、

右耳は守れた。

良かった。

でも、加齢もあるのだろうけど、

右の聴力も落ちてきている昨今、

コールセンターも、

もういい加減にしないとダメだと思う。

そう言いながら、老後貯金を、

日々の糧を稼ぎに行っている。

目が回ったら、

天井が回ったら、

耳鼻科、とは思わなかった20数年前、

その頃、突発性難聴なんて、あまり耳にしなかったものなぁ・・・

トイレやエレベーターに乗ると、

静寂の中、ビーーーン、が聞こえてくる。

もっと変な音が聞こえることも。

これから、死ぬまでお付き合いすることになりそうだ。

たまに、昔のように戻れたらなぁ・・・と懐かしく思い出す。

医療の進歩、とか目にすると、

ナニナニ・・・・と読んでみる。

でも、残念(>_<)

突発性難聴は、なかなか画期的な改善策は無いようです。

昨日の夜ごはん、
南蛮付け、美味しいです。
と言うか、真サバが旨かったのかもね。

昼弁当。
お菓子を食べるより果物を(笑)

近所の桜は、チラホラです。

でも、木蓮は、もう終わりかな。
いよいよ春です。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加