ボーとしてたらボケル、下流老人予備軍です。

◆広告エリア

60才過ぎて、再再再・・・就職して数か月、

毎月の定収入が確保できたので、

とりあえず、日々の糧に困る事は無くなった。

本当にありがたいと、実感する毎日だ。

こんなバアサンを雇って、

失敗した、まずかったと後悔しているだろうけど、

高齢者をむやみに首切りもできないし、

思えば、金の卵世代だったんだわ(笑)

まずは1年間、社会保険加入で雇用すれば、

企業には高齢者助成金が入る。

という事は、少なくとも1年は首がつながっているわけだ。

それ以降はとってもグレーだけど、

取り合えず、定年は65才らしい。

うまくいけば、

後3年半ほど働ける、稼げるのだな・・・(^_^)v

その先は、まだ考えていないけど、

年金で生活出来ないのは明らかで、

なので、働かざるを得ない。

いい加減、もう飽きたけど、そうも言ってられない現実だ。

だけど、もうちょっと言いたい。

もう飽き飽きですわ、ああ、働くの飽きたぞー!ww(>_<)

国は年金開始年齢を、65才から70才に引き延ばすつもりらしいので、

「生涯現役」

なんて四字熟語を掲げ出している。

今度は、65才を過ぎて雇用すると、

短時間労働でも、企業側に助成金が出るらしい。

すごいシステムだな。

確かに、こんな年齢でも職に就けると言うのは、

「高齢者を雇いなさい」という、

国の姿勢があってこそだと思うけど・・・。

ありがたい、と思うべきか、

えげつない、と思うべきかは、さておき、

70才まで、あと8年半もある。

ボー、としてたら、ボケルだけだ、

結局は、働く事になるのだろう。

まあね、ブツブツぼやいても、

やや難ありでも健康で、働ける身体だ。

ただ、年明けから、無職は脱したものの、

まだ下流老人予備軍であることには変わり無い。

借金はある、貯金はない。

こんなシンプルな貧乏でも、

今からコツコツ頑張れば、何とかなるだろう。

先日、スーパーのレジで、前に並んでいた老人、

と言っても、70才前だと思う。

聞こえてきた店員の読み上げる声は、

全て値引き金額で、

ふと目をやると、

オール赤いシールが貼ってあった。

複雑な気持ちでした。

全部だものなぁ・・・。選んで買われたんだなと・・・。


お弁当、

最近、作るのが楽しみです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!