作りおき、チーズインハンバーグ、安い鶏ムネ肉を使う、

東京は、

地方出身者が多い。

かくいう、自分も地方出身者だ。

特に、関西は柄が悪いとか、さんざんで、

豹柄の服を着た人間が、闊歩していると思われている。

東京でも、ダルメシアンとか、わりと見るけどね、

しかし、豹柄、地元に帰っても、見たことないし、

変な関西弁を面白おかしく、TVでも使ってるけど、

違うと思う。

違うが、船場言葉は、ていねいで、きれいな言葉なんだけど・・・

言ったところで、

吉本芸人の言葉が関西の言葉になっているようだ。

なににしても故郷の言葉には、ホッとするものがある。

職場に、厄介な女が居る。

バイリンガルか、トリリンガルか、よくわからんが、

帰国子女だ。

それが、ことあるごとに、

「あの人は、茨城出身なんでしょ」

「あの人は、チーバでしょ」「北海道だもの・・」

出身地を攻撃する。

彼女にかかると、出身地で、人間の評価が決まるらしい。

そんな事言ってたら、

東京なんて、寄せ集めだけどね。

茨木出身のオジサンが使う、ごちゃっぺ、も大笑いしている。

私はその土地、土地の言葉は、温かみがあっていいと思う。

東北も、関西在住時、よく旅行をしたが、大好きだ。

ただ、皆、標準語に変えてしまうので、

特に、仕事中は仕方ないけど、

言葉の端々でしか、聞く事はできない。

帰国子女に言わすと、それらが、皆、「田舎者」らしい。

田舎者でなにが悪い、と思う。

とりあえず、隣に座ると、「どこ出身ですか?」と聞いてくる。

アンタはアメリカなの?

目も髪も真っ黒だけどね。(#^.^#)

こういう偏見の塊の、差別主義者も珍しい。

他人にレクチャーして、自分の位置付けをしたいのだろう。

そして、あからさまな悪口に移っていく。

バカなんだと思う。

相手にしない方がいい人間だ。

昨日、隣に座ったので、

防御線を張ることにした。

一切、喋らぬ。

タイミングを見計らってくるので、

スキのないようにした。

・・・しかし、超、疲れたわ。

他人を疲れさせるなって、言いたい。

オデコに、帰国子女でござい、と貼っておけば?

それで気が済むなら、静かで助かる。


昨日、作り置きをすることに。

安い胸肉も、一切れも、

オリーブオイルで焦げ目つけて、

簡単酢と醤油・めんつゆで煮炒め、

これが、弁当にも旨い。

カボチャサラダ。

チンだけだけど、

取り合えず、カボチャも食べなきゃ・・

アスパラ巻き、

カレー味。


最近、不仲な夫は、

コストコ行きは、やめたらしい。

自腹を切るのが、損だと。

仕方ないので、

友人にコルビージャックチーズだけ、頼んだ。

一個あると、スライスして冷凍するので、

当分、使える。

チーズインに、上にも乗せて、

おいしそうなハンバーグになりました。

デブだけど、

頂きました(笑)

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加