もうすぐ、「20歳の原点×3」

◆広告エリア

朝、かなりの雨足だったので、レインブーツを履いて通勤。

通勤したら、また白い長靴にロッカーで履き替える。

ふーーー、とタメイキ。

思えば、言葉は悪いが、男も随分履き替える事になった。

どの靴もピッタリ来なかった。

ガラスの靴には出会えなかった。

続、僕を探しに、って感じ。

今の靴なんて、靴づれしたうえ、アチコチほころび、穴も開いて15年になる。

この靴を捨てたら、裸足になろう。

足の土踏まずで、指で、大地を、掴んでみよう。

・・・・と書いてたら、ふと思い出した。

この年代、昭和20-30年代生まれなら読んだ方も多いと思う。

「20歳の原点」

高野悦子だ。

岩波ホールの高野悦子さんじゃないほうね。

この本は学生時代の私にスコーンと入った。

学校をさぼってはJAZZ喫茶に入り浸っていた頃で、

たまたま付き合い初めた彼が、学生運動終局から数年で、元の学生に戻っていた。

なので、なんとなく本の内容とオーバーラップしていて、

余計に共感したのだろうな、懐かしい、シアンクレールにもよく行った。

そう言えば、その彼の事を書こうと思って、そのままでした。

純粋だったものなぁ、あの頃。

まさか関東に住み、子どもを産み、何度も結婚し、その上、

死ぬほど嫌いな男といがみ合って暮らすなんて、思いもしなかった。

人生とは奇遇というか、数奇というか、マーフィーの法則どおりになったみたいです。

今、あの本を読んだら・・・どうだろう。

きっと、屁でもないわ、などと感じるかもしれない、悲しいけど。

親に擁護され、食べる為の職も無く、本だけ読んで、音楽聴いて、そりゃ最高だ。

地に足がついてない、かもしれないけど、20歳そこそこで苦労話もないだろう。

だから、余計に純粋で壊れやすく美しかったのだと思う。

最後の詩は、ここにありました

彼との思いでも笑えるほど純粋だった。

詳細を書くと人物が特定されると思うので、まだ書けないけど、

いつか彼の本を読んでみたいと思う。

ふと思い出した青春だったけど、精神が浄化されたみたいに心地よい。

もしかして・・・あの時間があるから、やっていけるかもしれない。

そうそう、何が一番大切か。

ちょっと立ち止まって、考えてみよう。

お金だけじゃないよ、人生は・・・・・・・・なんちゃって(笑)

2015.06.30 003

焼き芋ブーム、やっと終局を迎えました。

飽きてきました。

どうもお腹の調子が悪いとオモッタラ、

これって最強の食物繊維、でしたよね(汗)

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. yuki より:

    >男も随分履き替える事になった。
    ふふ。裸足最強!ですかね。
    昨日はハローワーク行ってきました。
    窓口の女性がどう見たって自分より年配で…
    つらつらといろんなことを考えましたw
    応募先には
    口だけでやる気のない方 嘘つきの方 向上心のない方
    ご遠慮くださいと書いてありまして…。
    正直、年齢も錆びた体も感性も職場環境も
    仕事内容もすべて不安。まあそんなことはまさかの
    採用されたら心配すればいいかっと。心配性の自分にカツ!
    (コメするの迷惑でないですか?)

    • goodend より:

      yuki様
      職安、そんな事が書いてありましたか@@
      じゃあ、全くダメだわ、ピッタリ当たっている(^_^;)
      私はシニア枠でも普通枠でも、ひっかかればOKさ、と思って受けましたが、
      働く、っていまさらながら大変ですね。
      結果どうなりましたか?どんな結果でもめげずに頑張ってください。
      受かっても合わなければ、再トライすればいいのですから(*^^)v
      ・・・・・・とんでもない、コメ嬉しいです。お待ちしておりますwwwヽ(^。^)ノ

  2. みい より:

    お金だけじゃないよ…人生は。
    ですよね。
    でも、今の私にはお金も何もないなぁなんて(笑)ごめんなさい。ネガティブ発言(笑)

    • goodend より:

      みい様、
      コメありがとうございます。
      お金だけじゃないよ、そう思うのだけど、
      現実は厳しいーーーってとこですね。
      イヤ、イヤ、何もないなどと・・・身、一つあれば、ナントかなるものですゼ!
      なんとかなる、でダメならなんとかする、で頑張りましょう。
      そう自分にいい聞かせているのです(笑)