いつの日かと、心に決めた日

◆広告エリア

家庭内離婚夫が自炊するようになって、2年?超えたかな。

事の発端は、たぶん些細なことだったと思います。

忘れてるぐらいだから。

一切、食事はいらない、食費も減らす、と言ったのでかなり交渉して、

現在の4万に至ったのだけど。

夫の食生活は、初めから比べるとかなりよくなってきています。

初めはコンビニ弁当。

それからスーパーの弁当にお酒のおつまみに変わり、

お弁当だけだと飽きてきたようで、レタスを買い始めた。

夏には豆腐で冷奴、冬には袋入りのおでん。

肉を焼く事も覚えた。

面倒な時は外食。

そんなこんなで1年病気もせず元気に仕事にゴルフに行っている。

薄情な女、だと思われても仕方ないけど、

「いらない」という人間に無理やり食べさせられないし、

たまに食べる?と聞いてあげるのだけど、「いらない」・・・なかなか強情だ。

しかし、この12年は、よく働いたので、それもいいかな、と思ってます。

夏場は毎日7リットルの麦茶を冷やして持たせ、

冬場は温めた缶コーヒー、お茶、

従業員のお弁当、夫のお弁当、冬はよくあるお味噌汁つきの保温容器で。

従業員も晩ごはんを一緒に食べたり、食べない時はおかずを持ち帰らせる。

そういえば、ここに住んですぐに

「お宅の若い衆は・・・」と言われ全身の血が凍りついた事があった。

その筋に嫁いでしまったか!と驚いたが、職人の世界ではそういうらしいです。

知りませんでした。

経理は毎月の請求関連に決算まで。ハローワークに募集をかけるのも有。

それに家事全般があり、そこに自分の仕事、9-6時で通勤付。

こどもの塾の送迎、男の子だったらいらないのだろうけど。

再婚なので、多少は我慢しないとね、と思っていたけど、

トラックの荷卸しまで手伝え、と言い出したのには、心底参った。それはない。

そんな時、夫が洗面所でつぶやいてるのを聞いてしまいました。

「使わなきゃ損だ」

一瞬、何の事かわからなかったけど、その前後からどうも私の事のようだ。

その日から、臥薪嘗胆を心に決めました。

大失敗。最後の結婚、不発に終わりました。

ちょうど、同時多発テロが起こった頃だった、…てことは、

結婚生活のほとんどが、我慢だったんだなと、今改めて気づきました。

ホント情けないです。
2014.12.20a 003

今日は東京駅まで出かけました。
大丸からつながる地下街、いつもこの民芸品を眺めています。

* ドクターシーラボアクアコラーゲンゲル 3/30 16時迄
  145名に当たります

*春なのでダイエットを思案中です。
お試し90分で1000円を教えてもらいました
大幅減量ダイエット

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!