病気のおかげで、太ったり痩せたり、ハゲたり、しています(・。・)

人生で初めてデブになり、

痩せない苦労を知った。

その前は、

ふっくらしている方が、

なんとなく余裕もあり、お金持ちそうだと思っていた。

ところが病気でドンドン痩せて行き、

160センチ、42キロまで到達し、

医者に行ったのが去年9月。

息切れも半端でなく、

24時間100m走を全力疾走並のエネルギー消耗が、

劇的に改善に向かい、

年末には10キロ以上、体重は増えていた。

その辺りで定着してくれていたら、よかったのだけど、

その後も新記録を更新、

ちょっと前は、57キロまで到達した。

ところが、元来、脆弱な筋肉だったのに、

57キロを支えることになった上、

薬の副作用で、その筋肉が攣りだした。

ムチャな話だ。

そして、3月の血液検査の結果、

数値がよくなったのもあって、

薬の量を減らしてもらい、

同時に、陣痛の痛み並の激痛も消えて行った。

なのに・・・・

それでは終わらなかったです。

そんな簡単には治らない病気らしい。

コメントいただた同患者の方は、

35年のその病気であるとのこと。

数年で治癒する人もあれば、

ずっと連れ添っていく場合もあるようだ。

最近、それほどハードなダイエットではないのに、

体重が落ちてきた。

それと同時に軟便に。

お食事中の方には申し訳ないけど、

ノロ以外でお腹を下した事がない人間だったが、

発病してから診察を受けるまでの2年近く、

ずっと、トイレで固形物を見ることがなかった。

とにかく超代謝なので、

食物が身体に入ると、即、消化してしまうからだ。

通院を始めて、あっという間に元に戻ったものの、

前回の診察で

「劇的に数値が悪くなっている」と診断されたように、

最近、体重減少と共に、これも前の状態に。

太ったり、痩せたり、大忙しだ。

ユニクロで2サイズ大きいパンツを買ったのになぁ・・・(~_~;)、

あっという間に、3キロ痩せた。

もしかしたら、一生連れ添う病気なのかもしれない。

コメントいただいた方から、別の治療法を教えてもらったので、

次回はその治療方法も聞いてみようと思う。

そろそろ、ヒジキもワカメも復活だと思ったのに、

また禁断生活だ。

そりゃ、余計ハゲにもなるわな・・・(-_-;)

最近、頭を搔くと、頭がい骨に響く。

髪がなくなってくると、こうも違うものか・・・。

叩いてみる。

文明開化の音がする・・・わけないけど(笑)

カラコロと、脳みその少ない音が寂しく返ってくる。


好物、筍~WW

筑前煮にしました。

あな、旨し。


可愛い筍です。

お金持ちになったら、

大きいのを買いたいと思います。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加