クリスマスイブは、表参道イルミ、バセドウのおかげです。

◆広告エリア

年内最後の診察。

だいぶ、よくなっているそうです。

数値が下がってきているので、お薬、又、減りました。

バセドウ病って、治療すると治る病気なのだと実感。

どこまでよくなるかは、分からないけど、

電車に飛び乗るのも出来るし、

もう最高に嬉しいです。

ところが、最近、身体中がつる。

なんてことない動きでも、キーーンと攣って、

息ができないくらい、痛い。

背中も脇腹も、足も。

夜中に毎晩つるので、ううううううーーーと、唸っている。

もしかして、筋肉が萎縮する病気だったり?

バセドウを2年も放置していた割には、心配症だ。

それで、今日、先生に聞いてみると、

ホルモンが正常になる段階で、そう言う事が多い、との事。

よくなりつつあるのだな。

それなら仕方あるまい、

できるだけ、妙な動きをしないようにしよう。

例えば、

手の届かない時に、代わりに足の指を使うとか、

振り返るのも、身体全体でするとか、

足は組まないとか、

もうちょっだ、頑張ろう。

メルカゾールも1錠になったし、診察も一ヶ月ごとになった。

表参道は、恐ろしく混んでいた。

伊藤病院の隣、サンローランでさえも、人が多い。

土曜のクリスマスイブだものね、

伊藤病院内も、

彼や夫の付き添いが多かった。

知らん顔して・・・聞いていた(笑)

普通の夫婦って、どんな話するのかなと。

長年連れ添った夫婦は、さほど話さない、

話す必要もないのだろうけど、

若いカップルは、クスッと笑いそうになる。

ほほえましいし、可愛いなと。

今日のお隣さんは、ケンカした?の雰囲気だったけど、

女の子が、

ちょっと頼りない感じで、彼に甘えている風で、

「うん、うん、」うなづいて、と可愛かった。

そうかぁ、そういうのがあったわ、

もう縁がないので、忘れてました。

うん、うん、ね・・・・。

なーんか、懐かしい、

クルミ割り人形の話が好きでした。

白い包帯した絵、思い出します。

先日の丸ビルツリーの下にありました。


表参道、イルミ。

ゴールドで際立って、明るいです。

バセドウのおかげで、見れました。

病院出る時、イルミで人が多いので、

裏から出ることになりました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加