何が幸いして、人生、どう転ぶか、わからないものだ、破産したって何かしら出来ると思うけど・・・

◆広告エリア

人間、何かしら、取り柄がある。

さて、自分はどうなのかと探すと・・・ない。(・_・;)

ないが、それも情けないので、

とりあえず、前向きな性格、という事にしている。

面接でも、

履歴書の自己アピール欄にも、これを書いておく(笑)

どういう風に前向きなのか、

なんで前向きなのか、

もうひとつ、よく分からんが、

漠然とした言葉だし、

ごまかしが効くので、便利だ。(._.)

確かに、前を向くしか選択肢がない人生だなと思う。

後ろは鬼門だ。

ちょっと怖い。

それで自然と前向きになるだけだ。

友人にいい加減な男がいる。

いい加減だが、ズバ抜けた取り柄がある。

以前に勤務していた会社での後任者で、

その男に引き継ぎをして退職した。

よく喋る。

口から生まれたような男で、

どういうわけか、気が合うので、

これこれ、20年、付き合っている。

八方美人というか、

顔も広いし、基本、お節介の世話好きなので、

仕事も探してくれるが、とんでもない話を持ってくる。

それで話半分にすることにしているが、

段取りもいいし、

頭の回転もいい。

よく動く。

気遣いもできる。

一緒に飲むと、お酒も料理も、いいタイミングでオーダーしてくれる。

そして、

「ちょっと、ちょっと、聞いてよ~」

「あらまあ、久しぶりじゃないの、どうしてたのよ~」

大抵、そう言って電話をしてくる。

その友人が、近々、長年勤務した会社を退職し、

現在のサイドビジネスを本業にするらしい。

仕事は司会業だ。

披露宴でも、お祭り、忘年会、

なんでもこなす。

メドが立ったので、そろそろ、という時期らしい。

プロだと、披露宴の数時間で、約10万、という世界らしいけど、

好きな仕事だから、少々忙しくても、苦にならないらしい。

向いていると思う。

このために生まれてきたような男・・・だと思う。

何が幸いして、人生、どう転ぶか、わからないものだ。
我が家の場合を思う。

近い将来、破産したとする。

もしくは、借入ができて、借金だらけになったとする。

夫は、まさか70才で転職といっても、現場仕事しかできないし、

さすがに、新聞配達は無理だろう。

何か、出来ることはないか。

今、それも、視野にいれて考え中。

しかし・・・・ないわぁ・・・(-_-;)

いっそ、ゴルフのクラブを旗に替えてみない?

ダメかな・・・。

いい仕事できると思うけどね・・・。

先週の

いつだったかの弁当、

こっちは数日前、

柿、美味しいですね。

好物です。

皮にビタミンが多いらしいですが。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加