最後はどうなるのかな、独居対策、つながるライト、導入予定。

独居の母に連絡を入れる。

その役目は自分だ。

バタバタして少し間が空くと、ドキドキする。

生きてるよなぁ・・・イヤな予感。

大抵、その心配をよそに、いつも通りの声が聞こえ、ホッとする。

それと言うのも、以前、見守りポットは却下されてしまった。

そんな時、コメント主さまから、いい事を教えてもらった。

つながるライト、電球でそれがわかるシステムで、導入するつもりだ。

それでも、だれとも話さず終日はよくないので、電話はする。

電話は回数は減るかもしれないけど。

いい加減、話す事もない。

うっかり、バセドウとか言いそうだし、秘密の多い娘なので。

子どもは、もう一人いるが、借金は踏み倒すし、自己破産するし、

そのうち、どこかに転居して、行方知らずになるかもしれない。

きょうだい、って他人の始まりとは、

よく言ったものだ、それが、一番、情けないかな。

むこうは、子どもが2人いるから、まあ、その心配はないだろうけど・・・

病院では、死が近くになると、

家族や、身内が頻繁に訪れる。

最後のお別れなのだろうけど、全くだれも来ない患者もいるらしい。

若ければ、友人達も多いが、

おひとりさま、身内なし、友人なし、高齢、となると、

ひっそりと、この世にお別れだ。

それも、またヨシ、としても。

悲しいのは、臨終を迎え、亡くなり、

家族に連絡をしても、引き取り拒否、される事があるそうだ。

そういう場合は、区役所等の公的機関に連絡になるとか。

家族が居るのに?・・・・。

ひどい話に思うけど、でも、その人はどういう人生だったのだろう。

自分の場合は?

分からんです、先の事は。

でも、心がけよくして過ごそうと思いました。

img_4043

今日のひとり飯。

キノコを食べる日。

マツタケ、最後に食べたのはいつだろう。

思い出せません。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加