バス停でお婆さんに携帯のレクチャーをする・・・そんなケースに入れてたら・・・

先日の休み、

ぐずぐずしていたので、買いだしに出かける時刻が遅くなり、

バスで駅まで出た。

相変わらず、デブ期なので、

ここ最近は行きだけは歩いていた。

筋肉は減ってるらしいが、歩く程度なら問題ない。

しかし、この気候だし、もう無理かな。

症状はよくなっているけど、

まだバセドウ患者に違いないので、

疲れても仕方ない。

バスに乗る事にした。

あの日から・・・

何度も、あのお婆さんと遭遇していて、

あの事件以来、年寄りと目は合わさないようにしている。

目は合わさなくとも、

勝手に話しかけてくるのが、年寄りだ。

先日もバス停で、

別のお婆さんの携帯が鳴った。

アワアワしている。

携帯は、手縫いの巾着袋の中で、大音量で鳴っている。

どこを押下すればいいのか、分からないらしい。

しかし、知らん顔をすることに決めた。

ところが、エヘヘと照れ笑いしながら、

こちらに救いを求めてくる。

来た、来た・・・・

「分からないわ、急に鳴っても、どこ押したらいいのか」

バス停には、お婆さんと自分だけ。

ニコッと笑って、やり過ごそうとした。

そのうち、バスも到着するだろう。

ところが、そんな日に限って、バスが遅れている。

「どこを押したらいいのか困ったわ」

だれに話しかけているのやら・・・

母なら、「すみません、分からないので、ご存じならお聞きしていいですか」

きっと、そういうと思う。

しかし、このお婆さんは、面識もない自分に、

呼びかけもなければ、独り言でその反応を待っている。

なんだかなぁ・・・とは言っても、

いつまでも知らん顔もできんので、対応する事にした。

携帯をのぞくと、

最初の保護シールが貼ったまま、

ファンデーションまで付いていて、これじゃ読めないわ・・・

とりあえず、電話マークを教えて、

誰からか、というので、

ファンデージョンだらけの画面を指刺し、履歴を見せた。

知らない人だから、いいわ、

娘と息子の携帯番号だけを入れていて・・・・・

始まった・・・・・

やっぱり・・・・・

そこから、遅れたバス到着するまで、

娘さんと息子さんの話を聞かされることになった。

だからなぁ・・・愛すべき年寄りは苦手だ。

バスに乗ってから、一番離れた席に座り、窓の車窓を見ていた。

例の、あの事件以来、

あのお婆さんの家は、

少し手前のバス停のすぐ前の家だと判明した。

町内会で、回覧板もまわってくる家だ。

苗字も分かった。

家の中に入っていくのが見えたので、

大きいおうちで、三世帯位、住んでいるのかもしれない。

自分と同年齢・・・という娘さんも大変だな、と思いつつ、

毎回、その前を通っていた。

ところが、その日、

その苗字の葬式の看板が何か所も立っていた。

お爺さんかもしれないが、

もしかしたら、もしかするかもしれない。

あんな憎まれ口を叩いた、あのお婆さんだけど、

直近では、見ていなかった。

お迎えが来たのかもしれない。

年齢的には、86才だから、不思議はないが、

年寄りって分からんものだから。

家にたどり着いて、思わず、母に電話する事に。

「何なの?今頃」

よかった、変わらす、愛想のない返事が来て、ホッとした。

毎回、見つからないように気を付けていたが、

その必要もなくなったかもしれない。

ちょっと、寂しくなりそうだ。

あんな好き勝手言う婆さんだったけど・・・

年寄りには優しく、

ふと、そう思いました。


昨日の弁当。

ワンパターンです。


帰ったら、

楽しみにしていたのに・・・・

食べられていました。

こういう食べ方、しないでよね、

・・・(-_-;)

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加