消えるはずの家族は現状維持で、新家族が増える。おかめインコお迎え、

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

妙な事になった。

当初、家族が減って、その分増員する計画だったのに・・・・娘の猛反対に合い、

管理人さんは、一階住み、私は二階でという暮らしのまま、

レスキューのおかめインコの養子を迎える事に。

昼過ぎに、友人が、車で運んできました。

ピカピカの新しいゲージに入れて、

家付き養子です。

可愛い顔をしたおかめインコでした。

お父さんが、古希の記念に買ったと思うぐらいの情報しかなく、

雌雄のどちらかも不明。

ただ、名前だけは、聞いてきた。

お父さんが、可愛がってたので、本当は私が飼えばいいのだけど・・・という事でした。

なんで飼えないんだろう。、鳥なんて、可愛いいのに。

意外と、鳥って、賢いし、意思の疎通もあり、楽しいのに。

でも、名前が変過ぎて・・・・「ペーちゃん」

お笑いの夫婦みたいな名前です。

そうか・・・・ペーと呼ばなきゃいけないのか・・・(;´・ω・)

年齢は、推察するに、10歳は超えている感じ。
でも、毛並みもいいし、羽の色もきれい。ほっぺも真っ赤。
病気もないらしい。

ペーちゃん、お父さんと離れて寂しいだろうけど、よろしく!

よろしくないのが、今まで一人っ子できたヨウム。

赤ちゃんを見てギョッとしていたけど、

今度は、それ以上、羽がありますからね。

チョンチョン鳴くし(笑)

何なの?という抗議の視線。

勿論、別々のゲージです。

ぺーちゃん、
手乗りで可愛がってもらっていたようで、
すぐ、手に乗ってきました。つついていましたが(笑)

さて、これから2羽の母となりました。

餌は、昔飼っていた時とほぼ同じ。

緑の餌と言うのが増えていたぐらいです。

二羽で鳴くとうるさいだろうな。

おかめインコも多少は喋るので、

2人でしゃべるのかしら?

それの方が、ボケないでよいと思う。

鳥の認知症は知らないけど・・・・。

ヨウムはあるだろうな・・・長寿だから。

二階が賑やかになりましたが、おかめインコの寿命は10年ー15年なので、

もしかしたら、後、数年かもしれないです。

とにかく、もらった小さな命、大事に育てます。

娘からは、パンツ型のオムツに履き替えた孫の写真。

大きなパンツの後ろ姿が可愛い。

こんなに孫が可愛い生物だったとは・・・

まだ大型犬の知能の方が高いですが(笑)

夜ごはんは、残っていたきしめんで、焼きうどんにしました。

シイタケが好きなので、何でもいれています。

料理油は、殆どゴマ油にしています。

これは、友人にもらった「岩井の胡麻油」

高級品です。自分では買えません。

1757年創業って、江戸時代、安政の大獄あたり、すごいね・・・

千葉の佐倉が発祥の地って・・・まさに、南総里見八犬伝の時代、

あの話は、高校生の頃TVで辻村寿三郎さんの人形で観ていました。

感化されやすい年ごろで、自分でも、見様見真似で、人形を作ったりしてたなぁ・・・と。

デザートは、梨。
幸水が出回るのは、あとわずかだと思うので、

毎日、食べています。

今日のヨウムのウンチは、やや、形あり、というところでした。

もしかしたら、原因は餌だったのかもしれません。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加