コバケン、行ってきました。

◆広告エリア

昨日は六本木のサントリーホールへ行ってきました。

「炎のコバケン」こと、小林研一郎さん指揮のコンサートでした。

スゴイ人、という程度の認識だったけど、えらい損した気持ちでした。

もっと早く聴きにいけばよかった、と後悔するくらい素晴らしかったです。

楽曲は、チャイコ5番はコバケンという、チャイコフスキーでした。

クラシックは嫌いじゃないけど、特にスキでもなく、誘われて行く程度。

音楽と言うと、童謡以外で、初めて聞いたレコードは、家にあったラテン音楽で、

その後、6才の6月に、稽古始めにピアノを習いにいかされ、中学でやめる。

高校でクラシックをちょと聴いたものの、ジャズに傾倒で今に至るなので、

拍手のタイミングとかはわかるけど、コバケンの素晴らしさをうまく説明できなのが残念。

私の隣の男性なんて、休憩時間にアイパッドにダウンロードした楽譜を見てたので驚いた。

その楽譜、♯や♭がゴッソリ付いていてとんでもない楽譜。

おもわず横目で、お隣さんの顔をみたら・・・苦手なタイプ。あの手はどうも。

私は出来の悪い生徒で、先生に断られた位ほどの実績がある。

小学生の頃、風邪をひいていた時のけいこ日で、

その日は、鼻を咬んでも、咬んでも、青鼻がでていた。

なのに、テッシュ(その頃はポケットテッシュなんかなかった)を忘れ、

鍵盤にのっている自分の手で拭いた・・・そして自然の摂理で、その青鼻が鍵盤に・・・。

今思うと、神経質な先生だったなと思う。違う?相手は小学生なのに。

もちろん、鼻はそんなところで拭いちゃいけないのだけど。

そんな事が2回あったと思う、教室から放り出された。

そして、別の先生に習った。でも中学で止めたので、向かなかったようです。

2015.03.02 009

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加