坂口憲二さんのコーヒー、そうなんだ・・・在宅医療あるある。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

昨日は、選挙の後、

隣の街まで買い物に出かけました。

実家から帰宅してからも、バタバタしていたので、疲れたのか・・・あれぐらいで?

通勤がなくなり、体力が落ちたのか、実家で疲れたのか、情けなくなりましたが、

7時頃から爆睡して朝方までいつものトイレにも起きずに寝たので、スッキリしました。

寝るとき、苦しいので、抱き枕を作ってほしいとのことで、娘も都内から。

要望を聞いて、急いで作ることにしました。

もっと早く言えばいいのに・・・ケンカしてたからね(笑)

昨日聞いて、今日発送、

ガチでやらないとね( `ー´)ノ

私の終の棲家計画も話したら、

「そんな訪問看護なんて、いま、どこでも、山ほどあるよ」

「母さんの住んでる実家のあたりにも、何十もあるしね」えっ、ここにも?

「そのTVでやってた都内の診療所だって、他にもあるから」

「その仕事って、自宅療養の患者の看護や、診療、看取り、って、募集多いよ」

「末期のがん患者のモルヒネの点滴が外れたとか、急変したとか、」

「連絡があれば、その診療所みたいのが、たくさんあって、看護師が待機していて」

「何十人単位で、」

「医師の医療行為が必要な時は、近くのホテルにいるから、先生も呼んで現地に急行」

「運転手さんもいつも待機らしいから」

「その都内でなくても、今は、日本中、たくさんの在宅看護、あるからね」

「わざわざ、都内に住むこともないよ」

「だいいち、あのあたり、メチャクチャ高い」

ふーーん、そうなんだ・・・・そんなん知らんもんね・・・

「私立病院勤務なら、準公務員だから、副業アウトだけど」

「そうじゃない看護師の友達は、やってるよ」

ふーん・・・とにかく、看護師が足りないから、

そういうことになってるらしいです。

訪問看護、自宅で医療のサービスを受けるというのも、

考えたら、母だって、訪問看護士さんが週に一度来て、

薬を分けたりしてもらって、足湯もしてもらったり爪切りも、

でも、母さんのおひとりさま計画は、中止はないし、必ず、実行します。

今は、母のこともあるから、すぐに動けないけどね。

どこに住むの?

「毎日都内に通勤でもないのに、高い都内に住む必要ないし、」

ほっといてください。

でも、近郊でもいいかもね。確かに、中古でも、メチャ高い(笑)

情報はありがとう。範囲拡大してもいいかもと思いました。

ブラウジングサンコーヒー

坂口憲二さんのコーヒー、知人から戴きました。
病気になっても、前を向いて進む姿、
頭が下がります。
口では、偉いね、と言えても
実際、行動に移すのって、努力と勇気そのもの。
今、健康で暮らす自分も、いつ、何時、何か発病するかわかないし・・・

いつも、どんな時でも、負けずに、前向きに進んでいこうと思いました。

陽はまた昇る、必ず、朝はやってくる。

もったいなくて、飲めないコーヒーです(‘ω’)ノ

40年ぶりに、かぎ針編み物をやってみることにしました。

編み棒も、ラバーがついていて、痛くなさそうです。

進化してるんだな・・・

本をみると、高かったのでやめました。

40年前に編んだクッションカバーをひっぱりだしてきて、参考にしようと思います。

なんでもそろえていたら、高くなるので、節約です。

また、その本も、断捨離じゃあね・・。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加