クライアントと面接ですが、再婚で夫の子を産んでない場合は・・

なんだかんだ言ってるうちに、

本日、クライアント面接になりました。

派遣会社はOKもらったけど、本命の面接。

昨夜、ファンケルのHTCコラーゲン、一本飲んだ。

残すところ、最後の頼み、コラーゲンに望みを託すしかない。

今回の仕事は、求人サイトからの応募で、

デスクワークなども入れて、アチコチ応募したうちの1つ。

他の派遣会社から、登録に来いというのが数社あったが、

結局は、年齢でひっかかり、「又、ご希望に合うのがあれば・・・」

で、お茶を濁して終わりそうで、やめました。

今日のは、好きな企業だけど、多分落ちるだろうな。

年齢的に50代までというくくりは、可能性薄だと思う。

それならばと、今回はすべり止めも待機で、明日面接。

すべり止め、と言っても、採用の確約なんてなく、

14年勤務した会社の経験を買ってくれるかな、と勝手に思っているだけ。

またまた年齢がネックだろう。

時給が安い、一日1万未満、しかし近い。微妙な所です。

何しても高齢者にはイバラの道だ。

やっぱり、50代までに正社員で就職すべきだったなぁ。

ちょっと後悔。

高齢出産する際は、基本、幸せな結婚でないといけないです。

頑張って産んでくれたのだから、おうちでのんびり子育てしてね、

なんて言ってもらえたら高齢出産冥利だな。

実際、46才初産の後輩は、箱嫁みたいに大事にされている。

先ず、夫の子を産む、産んであげる、という功績は大きい。

あなたの子なんだから、でなんだって突破できそう。

子が居なくとも、一緒に歩んだ道程は、当然、功労される。

だったら、なんで離婚したの?って事になるけど、

あーあ、再婚ってほんと、不利。

あの、ワタシ、ごくごく、普通の、単純な女です。

おだてたら、なんだってやる女です。

惚れたら、あの世の果てまでお供します。

とことん情の深い女です。

大事にしてくれたら、その10倍にしてお返しします。

でも、相手がね。

困った女で、すみません。

aaa 018

整理してたら、こんなのが。

保育園に入る前、練習用に、

2才前だっけ、懐かしいです。

あれから20年かぁ。

しかし、思い出にふけってはいられない。

いざ、本日の決戦、どんな結果になるやら、がんばろう!

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加