恐れていた事がやってきた、親の終焉時期に思う・・・介護と看護と子育てが同時と言う事・・・長靴買いました。

いよいよ、恐れていた事がやってきた。

いつか、この時期が来るとは思っていました。

私達、60代の結婚、出産時期は、

さほど、今のように遅くなかった。

ほぼほぼ、20代でアガリ~、

と言ってたような気がするのだけど、

ただ自分の友人は、仕事してたら・・・

とうとう結婚しそびれて、独身、というのも多いし、

晩婚で高齢出産、

そして、若くに結婚はしたものの、不妊治療後、高齢出産、

というのも割といる。

その友人の親が、今、重篤な状態になっている。

46才で出産し、子はまだ小学生。

そして、親が手術、何度かの抗がん剤治療などを経て、

急性期病院から、緩和ケア病院に転院するところ。

夫さんは、万悪く、単身赴任で、

度々、子連れで地元に帰省している。

高齢で産むと、まさしく、

親の介護・看護と子育てが重なるという、ケースだ。

私も、いつかそうなるのではと・・・・・

いつも、どこかで、腹をくくっていたが、

今のところ、母に認知は見られないし、自立でき、

なんとか、子も社会人になった。

もう、学費も終わった、

ギリでセーフだった。

もし、母に何かあれば、

仕事は即、退職、それができるようになった。

しかし、子育ては、中断出来ない。

大変だと思う、

ただ夫婦仲はいいのと、経済的に余裕があるので、

そこだけは、安心だ。

気を遣う友人ではないし、

かれこれ、新入社員で入社した頃から40年近い付き合いの後輩、

いざとなったら、子守りに行くよ、

とりあえず、私も子育ての経験はある。

何かしら、出来ると思う。

先日も、地元から帰ってきた友人が言っていた事。

親が終末期になってくると、

今迄、見えなかったものが見えてくるらしい。

その人の生きてきた人生、

意外と、子でも知らないこともあり、

そういう事があった、

そんなことまでやってたのだなと、

親の軌跡を大きさを感じるらしい。

そして、少しづつ、少しづつ、

気持ちの整理、

話を聞いていて、泣いてしまった。

いつか、別れる時がやってくるのだけど・・・

辛いな・・。

そして、彼女に話された申し送りも、

我ことのように、襟を正して聞いていた。

立派なお母さんだと、常々、思っていたけど・・・

なんだかな、諸行無常過ぎる。

人間の寿命が、120才くらいにならんものかと、

マジで思ったりしていた。

月曜、朝から、重い話になりましたが、

いつかは、やってくるし、

娘も、それを受け止めないといけない日が来るのだと思う。

今、出来ること・・・

母が言ってたように、

だれよりも楽しく暮らそうと思う。

まあ、家庭環境は悪くともね、

本人次第で、何とかなると思います(・_・;)

雪が降るとか言うので、
長靴を買いました、
1500円、前より、もっと安い(笑)
安物買いです。
また、1年余りで、穴があくかも(笑)

昼は究極のチン食品で、
自営の仕事が長引いて、時間ナシ。
オジジに文句言われる前に、なんとか終わらせた。

さすがに、あんな冷凍食品だけではね・・・
結局、晩ごはんは、朝ごはんみたいな粗食が食べたくなる。
こういうのが一番です。
ホッとしました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加