高嶋ちさ子さんのこと・・・母を失くすという事、・・・朝のネギトロ丼(笑)

高嶋ちさ子さんのこと、

今年、年初、ツイッターを更新された時の記事で、

昨年8月に母親を亡くされ

「愚痴を言いたい相手はこの世にいない」と。

「母が亡くなって、残された高齢の父と高齢のダウン症の姉の事。ぷち反抗期の長男に甘えん坊の次男の事。

そしてコンサートの事。私にのしかかる物は想像以上大きく」と現状を吐露され、

「愚痴を言いたい相手はこの世にいない。本当に困ったと思ったら、朝になってた。取り敢えず動くしかない。人生は過酷だ!」とつぶやいておられました。

いやいや、高嶋さんに自分を置き換えて、なんて恐縮だけど(笑)

でも、ふと、考えた。

私は、遠くに一人で暮らす母が居てくれるから、

今の状況でも、頑張れているのだなぁ・・・と。

子は社会人になったけど、

今度は、まだ先の事とはいえ、母の介護も出てくるだろうし、

母の存在が、この世から消えたら・・・

16年共に暮らした愛犬でも、

最近、日を追うごとに、辛くなってきています。

もう3年なのにね。

ペットロスって、底がない、

自分を責めることしか出来ないものね。

愛犬でこれだから、

母を失ったら、

きっと、ハンパじゃないと思う。

昨日も電話で、

「冷凍食品、食べてみた?」

「私、タイ焼きは嫌い、アンコが好きじゃないから」

「ああ、そうだったよね」

「冷凍食品の会社って、今、名前変わっていて・・」

「加ト吉が、テーブルマーク、アクリは・・・」

「この間、初めて食べたんだけど、焦がしエビグラタン、割と美味しかったよ」

「へえ、そうなの?ちょっと待って・・・」母は、メモっている。(笑)

「今まで、体調が悪い時、料理するのがしんどかったけど」

「こういうのが、あると思うと、気が楽だわ」

そう言いながら、母は、三食、作るのだろうけど、

たった、これだけ、

冷凍食品の使い方でさえも、教えてあげてなかった。

昭和一桁の母は、

「ああいうものは、身体によくない」

一度、決めてしまったら、見向きもしなかったようだ。

春に帰省した時も、

勝手口から庭に入る敷石が邪魔だった。

排除するという意識がない。

永遠にそこにあるものだと思っているようだ(・_・;)

たまたま来られていた業者の方に、取り除いてもらったら、

すごく歩きやすくなったわ、

荷物が多かったら、つまずきそうになっていたから、

なんだかなぁ~

近所に居たら、もっと気が付くことも、

こんなことじゃ、いけないなと・・・。

母親を看取られた方、見送られた方に聞いてみたいです。

乗り越えられましたか?

ちょっと、想像の範囲を超える悲しみ、喪失感なのではと思う。

ちょっと涼しくなったから?

色々、考えてしまいました。

まだ考えなくてもいいから、

その時、考えよう。

でも、

いつか、やってくるのだろうなと。

ちょっと、ネガティブな話になりましたが、
ここ最近、そんな感じです。

一昨日の一人ご飯、
前日のあまりものでした^^

昨日の朝ごはん、
スゴイね、
朝から、ペロリと平らげていきました(笑)
大丈夫?(笑)

スダチ、探したら、
上の方に、身が付いていました。
サンマの友、
冷凍しておこうかと思います。
キウィー、今度の追熟は気を付けよう。
早く、食べたいです^^

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加