60代再就職、特老の相談員って、いい仕事だと思う

◆広告エリア

最近、残業が少な目で、やっぱり違う、

身体が楽だわ~ヽ(^。^)ノ

8時間、みっちり働いた上に、

まだもっと働けとは、ひどい話だ。

そうは言うものの・・・・

60代でバリバリ働いている女性も、たくさんおられる。

気持ちの持ちようなんだろうな。

正社員で長年勤務、

責任は重いだろうけど、

実績積んで、遣り甲斐あるだろうなぁ~

しかし、そこまでの継続が、そう簡単には出来ぬ事だと思う。

そういう同期を見ていると、

本当に、心から尊敬する。

子どもの事、家事の事、女性にとっての選択が、一番辛いし難しいと思う。

その点、自分は、何の資格もない61才だ。

雇ってもらえただけでも、超ラッキーだと思う。

とりあえず、お金をもらえるので、

何も考えずに、通勤する事にします。

有難い事は確かなんだから・・・

バアサンが面白いと思う仕事なんて、正直、無いと思うのよね(笑)

4月に転職した友人と、夜、久しぶりに話した。

お互い、春から新勤務先で、

やっと少し慣れてきたところ。

どう~?

もう疲れるよね~(^_^;)

お互い、高齢就職は、何かと厳しい。

彼女は、特老の生活相談員として、孤軍奮闘している。

実際、話を聞くと、かなり大変そう(-_-)

自分なら、100%勤まらない。

そういう仕事がある事も知らなかったけど、

ないと施設が成り立たない、必要不可欠な仕事のようだ。

年寄りは、何かしら持病もあるし、

自立できない訳だから、特老に入所している。

300人近い老人の通院介助も必要だし、

入所の際の手配、その他諸々がハンパじゃないらしい。

彼女はスポーツマンなので、体力はある。

それでも、もうすぐ60才、

我慢強いし、頑張り屋さんなので、65才までは働くだろうけど、

そりゃあ疲れる、と思った。

朝からAオバアサンを眼科に連れて行き、

午後から、Bオジイサンの内科。

その上、大体は認知も入っているのもあり、

暴力を振るとか。

コールセンターで変な客に、

「オマエ、コロスゾ」と言われるのもイヤだけど、

ぶたれる、のも辛いものがある。

最後に、

「最後の仕事だと思って、がんばろうね」で〆たけど、

2人とも、何故か、空元気(笑)

最後の仕事なのか、最後の一個前の仕事なのか?だけど、

とりあえず、1年、出来ればもう1年、

もっと頑張れたら、もう1年、ってとこかな(*^_^*)


中華炒め、

レンコンきんぴら

オクラ

今日はこれがMAX

しまった・・・・

冷奴を足せば4品でした(笑)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!