弁当持って走り回り、子を探す(笑)忘れてますよ~母子弁当

◆広告エリア

たかが、

たかが、弁当だ。

だけど、昨日は、ズル休みしちゃおうか、というくらい、

朝からへこみ、

出勤しても、午前中、落ち込んでいた。

自分でも、どうかと思うけど、

参りました。

いつもの朝は、5時過ぎに起床し、

簡単に身支度し、台所に立ち、

娘・自分の弁当を作り、

朝ごはんを作る。

まあ、言っても、二人分なんだけど・・・・

家族が多いと、どこのお母さんも、

朝は夕食並みに料理をしていると思う。

昨日も、先鋒隊の娘の弁当を一番に作った。

もちろん、作り置きや残り物、冷凍食品もその日によっては使う。

朝から作ったのは、

卵焼きと、豚肉の豚テキ風炒め、

なかなか美味しそうにできた。

昼に弁当のフタを開けた時、

味の宝石箱やー!ww

わぁ~うまそうと、驚かせ、

迷い箸になって、さて、どれから・・・かな?

などと想像しながら、作っている。

たかが、お弁当だけど、

小さな弁当箱は、晩ごはんのミニサイズみたいなものだ。

割りと、この、

いい加減な手抜きな母親も、

弁当作りは楽しみになっている。

ところがだ・・・

いつもの出発時間まで、フタを開けて冷ますことにし、

まずは、ゴミ出し、

まだ時間はある、

庭の水やりをしていたら、

娘が「弁当ないーーーー!」と言いながら、

バス亭に向かって、出て行く、いつもより早い出発だ。

ええええええ、弁当!弁当!

家に飛び込み、弁当箱にフタをし、お茶を持ち、

ダッシュで追いかける。

バス亭には、もうだれも立っていない!

もしや、反対向きのバス亭?

また走る。

居ない。

歩いて駅まで?

また、弁当を持って走る・・・蔭も形もない。

茫然と立ち尽し、そして弁当を持って自宅へ、

とりあえず、冷蔵庫だ。

職場に持参し、だれかに食べてもらう?

いい迷惑だろう。

こういう時は、一人で向き合おう。

しかし、朝から、弁当を持ってウロウロ、

弁当難民みたいなものだな、

あーあ、参った。

折角、美味しく食べられますようにと、マジナイまでかけたのに(笑)

ショックで立ち直れない。

そして、夜、帰宅し、

その弁当を食べる。

たまには、いいものだ。

オカズは美味しいが、ご飯がよくない。

炊飯器の保温が壊れて、数年、

まとめて炊飯し、冷凍しているのだけど、

どうも美味しくない。

取っ手も取れて、壊れている。

炊飯器、欲しいなぁ~

そんな事を考えながら・・・

なんだ、美味しいじゃないか、いけるぞ、と言いながら食べる。

たかが、弁当、なんですが・・・・

自分の中では、意外と比重が大きいようでした、大げさな話です(笑)

・豚テキ風ソテー
・ウィンナー
・卵焼き
・鶏簡単酢いため
・キンピラ
・めんたいこ
・野沢菜ちりめん

晩ごはんは、

友達と食べると言っていたので、

私ですね、いただくのは(笑)

母弁当、

キンピラの残りの人参、

意外と、美味しいです^^

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加