オリンピック2回も見れるってスゴイ事だと思う、昭和生まれって~

◆広告エリア

今日は、新人だけの研修、

それも、えらい遠い所まで行かないといけないので、

乗り換えジョルダン見ながら、そろそろ準備という所。

研修でも健康診断でも、なんでも結構!

ゆっくりの朝、ありがとう!wwヽ(^。^)ノww

久しぶりに、朝ドラ「べっぴんさん」を付けたら、

なんと、もう数日でオワリでした。(^_^;)

神戸の風景とも、お別れ~

次はお笑いの吉本だそうで、

最近、舞台が関西続きで、見れないけど嬉しいです。

吉本は、昔、仕事がらみのご招待で、その弁当配りにかりだされ、

一度は行ったことあるけど、

ショートカットコースで通る事はあっても、意外とそんなんでした。

同じく吉本の心斎橋の2丁目劇場もあったらしいけど、

ご縁がなかったなぁ。

2丁目劇場になる前は、日立ホールと言う名前で、

そこへは行ったけど、

なんにしても、大昔の話。

昔は船場、神戸・西宮に店・家があったので、

祖父や父は難波ど真ん中の精華小学校だったが、

それも、どうやら解体になったらしい。

重亭は残っているだろうけど。

大阪の中央区が東区、南区だった頃、

東区法円坂の病院で生まれ、

父が前場ひけて北浜から、サル顔の私を見にきたらしいが、

その北浜の三越も消滅したし、

三越劇場は当時からいい映画をやってた、

特別食堂は連れられてよく行ったが、

すぐ横の屋上には犬屋もあった。

祖父が買い物をしていた生駒時計店は、まだあるらしいが。

そりゃあねえ・・・・

かれこれ、半世紀前の話。

変化・変革は必要だけど、

ちょっと寂しいなと思う。

昭和生まれが、明治生まれみたいな存在になって行くのだろうな。

いやいや、それもよし、なんじゃ・・・

昭和、平成、次の元号と三代生きれば、

きっと、これからも「わろてんか」じゃないけど、

おもしろい事、いっぱい見れるかもしれない。

そんな気がする。

オリンピックだって、2回も開会式、観れるんだから、

なかなか、ないよ~、そんなこと♬ヽ(^。^)ノ♬

できれば天災、震災は遠慮したいけど、

長い地球の歴史で、その一瞬に生まれて消えるのだから、

それも避けては通れないかもしれない。

そうは言っても、

もし、神戸の震災や、東日本の際のような状態に、今、なったら、

きっと最後の最後まであきらめずに、

ジタバタすると思う。

そりゃそうだ、

これから楽しい老後生活なんだから、

今はまだ早い、厚かましいが自分の中では、夭折だ。

イカン、思い出話にふけってしまった。

どうも、最近、年寄り臭くなってきた。

明日を見よう。

明日の私は、明るく笑っている。

・・・行ってきます。


紫陽花も新芽~

やわらかで、きれいな新芽です^^

食べませんが・・。

紫陽花は毒性でした。


バラも一気に新芽~

ラベンダー、剪定し忘れました。

今からじゃ可哀そうかな。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!
 


『オリンピック2回も見れるってスゴイ事だと思う、昭和生まれって~』へのコメント

  1. 名前:みどりがえる 投稿日:2017/03/30(木) 08:48:11 ID:ca61bbf3c

    いつも元気をいただいてます。
    お店が船場、家が西宮とくると「細雪」の世界ですね。
    でも、だめ女さんからはあんまり関西弁が感じられません。
    ちゃきちゃきした感じがします。

    昔、田園都市線で通勤して身体が浮いてたことを思い出します。
    今は南海線でのんびり行ってます。

    • 名前:だめ女 投稿日:2017/03/30(木) 23:32:36 ID:cdcd35a0e

      みどりがえる様、
      ここ、ブログでは関西の言葉使いじゃないですものね、
      仕事以外は、喋るとコテコテです^^その癖、江戸っ子とは気が合うのですが。
      細雪は、お金持ちすぎますけど^^基本、あの感覚と同じで、ホッとします。
      父の代までは、船場言葉満載だったので、膝小僧は、ひざぼん、
      今でも、出かける時は、おはようかえり、
      ごちそうさまと言うと、よろしゅうおあがり(笑)です。
      祖母とお風呂に入ると、「おいど、きれいに洗いなさいよ」と言うのでイヤでしたが(爆)
      南海線、いいですね、阪堺線も好きです^^
      なんといっても、百人一首の歌の地名が多いです。
      祖母のおはこは、天津風~、父の十八番、母の十八番~、と懐かしいです。
      関西はお公家さんの文化なので、関東に来て、あまりに質実剛健で、
      着物の柄ひとつにしても違うので、遠くに来たものだといつも思ってしまいます。