病院で、まさかの宣告、もう一生、この身体らしいです・・・。

◆広告エリア

まさか、まさか・・・でした。

今日、病院に行き、

とんでもない宣告を受けました。

もうこれから一生、そうなるらしいです。

いつもの診察はあわただしく終わるのに、

今日の担当医は、ゆっくり話を聞いてくださり、

心配だった事を話せました。

それはよかったのだけど・・・・

バセドウ病になり、

去年9月から通院し、治療を始め投薬になった。

12月頃から、身体中の筋肉が攣って、

その上、股関節まで激痛が走り、

自分の身体であり、そうでないような感覚。

歩き過ぎて足が攣る、というのでなく、

まさに全身。

なので、何をどうするにも、負荷をかけないような動きで、

ここ3ヶ月を過ごしてきた。

息が止まるほどの激痛はイヤなので。

失神するかと思う位だ。

先生に相談すると、

薬を服用すると、約7割の人に筋肉が攣る症状だ出るらしい。

やっぱり・・・!

「先生、死にそうになるから薬、飲むのイヤです」

そう訴える患者も多いらしい。

さもありなん、まさにそうだ。

私だけじゃなかったんだ。

この病気は、甲状腺ホルモンが多量に分泌される関係で、

筋肉に大きな影響があり、全身の筋肉が落ちていくらしい。

それで、股関節を支える筋肉も悲鳴をあげているのだろう。

体重が極端に増えた事を言うと、

もう以前の代謝のいい体質には一生、戻らないらしい。

・・・・

薬で完全に体質が変わってしまったらしい。

そうしないと、バセドウの治療はできないのだから仕方ない。

もともと、生まれて60年、ずっと代謝がよく、

体重を特に気にすることなくやってきた。

特に、発病してからは、すぐ痩せるので、

おにぎりや、パンを歩きながらでも食べて補給していたくらい。

すごい食費だった。

そうなると、今後はカロリーを考えて、

今以上、太らないように心がけないといけない。

でも、これは、少しづつ慣れていくしかない。

でも筋肉の攣るのは?

まずは、普通の生活、家事が出来るようになったら、

少しづつ、落ちた筋肉を付けていかないといけないらしい。

筋トレだ。

ただし、まだ通院後半年、

まだその時期には早すぎるので、今は待機の時期らしい。

だけど、フルタイムで働いていて、どうやったらいいのだろう・・・。

その時、考えることにして・・・・。

厄介な病気になったものだな。

一生かぁ・・・・と言っても、あと20年少々の話だけど。

それでも、快適に老後は過ごしたい・・・。

こりゃ、大変な事態、

エマージェンシーだ。

でも、死にはしない、まず、それが大前提。

ありがたい事だと思えばいい。

あのパンツとも、あのブーツともお別れだけど、

食費も少なくて済む。

粗食が一番、長生きできるんだから。

そうは言うものの・・・・・

今日は、唖然としました。

まさかね、まさかのまさかだな。


表参道ヒルズ、

エルメスの工房が・・・という

フェアをやってました。

雨が降ってきたので、早めに戻りました。

今日は病院の待ち時間も少なかったです。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. にゃんころりん より:

    こんにちは。ときどき読ませていただいています。
    私の親友もバセドウ病で苦しんでいましたが、アイソトープ治療というのを受けて、元気になりました。一度調べてみられてはいかがでしょうか。
    http://www.jrias.or.jp/pet/cat/102.html#03

    • だめ女 より:

      にゃんころりん様、
      コメ、ありがとうございます。
      アイソトープもあるとは聞いていたのですが、今回の私の数値から、
      医師の判断では、一連の薬の投薬での治療になりました。
      もう少し悪化していると手術かアイソトープだったと思います。
      では、症状が軽かったかと言うと、かなり辛い毎日だったのですが。
      海外ではアイソトープ治療が多いようですね。
      今回の診察で、薬が半分になり、受診間隔も長くなったので、
      様子を見て、それから医師に聞いてみようと思います。
      ありがとうございます、体重だけは自己管理ですが(^_^;)
      ダイエットって、こんなに大変な事だとは思ってなかったので、
      参っています(-_-;)