夫の入院生活、その時の、妻の決断

◆広告エリア

抗がん剤、オプジーボの値下げが発表された。

1年間の使用で3,500万にもなるとか。

これじゃ、お金持ちだけしか、治療ができない。

先日、がん保険の見直しはしたけど、

高額すぎて、適用外だったです。

25%の値下げでも、2600万。

それでも治ると聞くと、手に入れたいのが人情だけど、

諦める人の方が多いと思う。

高校時代の友人は、ガンになり、10数年になる。

壮絶な治療生活を送ってきたが、

その甲斐あって、完治はしていないけど、元気な振りをしている。

だけど、当初、抗がん剤治療費は毎月60万だった。

それを1年以上使っていたと思う。

抗がん剤の影響で、心臓にペースメーカーも入れたし、

多臓器も悲鳴をあげて、その治療もあった。

デカイ家も、預貯金もあったから、なんとかなったのだろうけど、

固定資産税が苦しいし、従業員の給与は出せても、

自分の給与は出ない、もう無いわ、と言い、

数年前に家を住み替えた。

やっぱり、長い闘病生活で、何千万というお金が動いたらしい。

今、もし、夫が癌にかかったとしたら・・・。

昔のがん保険のままだし、

治療は期待できないと思う。

だいいち、貯金もない。

さんざん、車に、海外ゴルフにと散財してきて、それは無理かもね、

私が身を粉にしてまで、お金は作れないわ。

聞いた話だと、

最近の高齢者の終焉近の治療で、

一昔前なら、医師が妻に確認し、一通りの措置はしたけど、

最近、奥さんが何もしなくてよい、を選ぶ人が多いらしい。

えっ、というくらい、何もせず。

他人には分からない、夫婦の長い道のりで、

それ相当の事があったのだろう。

女性の方が、それが、如実らしい。

奥さんを大事にしなきゃあね、

いざとなったら、女の人の方が怖いのかも。

img_3962

カラスウリまで繁殖しています。

そろそろ庭仕事、大丈夫かなと。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まみ より:

    オプジーボは保険適用外の抗ガン剤ですか?効果の高い薬は保険が効くようにして欲しいですね。
    ご友人も保険外の治療をされたのですか?私は18年前、渡辺謙さんや夏目雅子さんと同じ病気になり1年以上入院しました。毎月の請求は100万を超えることもあり高額でしたが、高額療養費で当時は6万8千円くらいを超えた分は戻ってきたので、7000円×120日の古い保険でも何とかなりました。
    以前コメントで、甲状腺にしこり(良性腫瘍)ができて手術した話をしましたが、骨髄移植をした際に大量の放射線を使用したのが原因かもと言われました。
    重いコメントですみません。

    • だめ女 より:

      まみ様、
      1年に及ぶ入院生活、頑張られたのですね。
      まさか自分が、と思われたのでは。
      治癒されて、本当によかったです。でも、もう心配する事はないですね。
      経験した人間でないと、辛さは言い表されないと思います。
      骨髄移植には放射線を使うのですか、知りませんでした。
      人間の身体って、正直なのだなと、
      オプジーボ、値段から判断すると、適用外でしょうね。
      友人は、数多い抗がん剤の中で、蛇からとった抗がん剤が彼女に合うという事で、
      保険適用外でした。
      抗がん剤は効果はあるけど、身体にとっては劇薬と同じくらいのレベルだそうで、
      満身創痍になり、リンパでしたが、臓器すべてに負担がかかったようです。
      同じ病にかかっても、助かる人とそうでない場合があって、
      残酷な気がしますが、せめて治療はだれもが平等に、経済的な心配をせずに受けられたら、と思いました。
      私の場合は、夫はお金、出さないと思うので、
      しっかり食べて、強靭な身体にすることに。
      食い気が旺盛なので、それだけが自慢です。(*^_^*)

  2. カセイフ より:

    夫の入院・・・考えたくないというか世話などしたくないと思っているので怖いよなって読ませていただきました(;^_^A正直、オプジーボは高額過ぎて自分には払えないと思っていたし25%オフ(笑)になったところで飛びつける金額じゃないのでね。
    特効薬的なものは保険適用で国民みんな希望すれば受けられるといいのですがね~。

    夫が今入院したら、延命しません、何もしなくてもいいという派ですね(笑)
    医師だけならいいけど、夫の親戚やら会社の人脈やら世間体もあるだろうけど、厄介なことだけ私に押し付けるのだけは勘弁です。元気な時にそれだけのことされていますから、人間としてどうよって思われても葬式まではやりますけど、お一人様になって荷を下したいです。

    今日は税務署に税金や控除のこと相談して、私がどうすればいいかだけははっきりできたので、今年度は社保加入条件に当てはまらないのと、130万の枠で年金と健康保険だけはこのままでいけそうなので一安心でした。
    夫は配偶者特別控除を受けられないので、結果夫が多く税金を払うだけの話で、私は会社に収入の申告して年末調整でやってもらい、来年確定申告して所得税を払うかもらうかすればいいそうです。
    先日、こちらで聞いてもらって助かりました。ありがとうございました(^^♪

    夫に扶養外れるから税金多くなるよって言っても、生活費は自分の給与から私に数万多く渡せば、私が働いて扶養外れることもなかったのにね。夫は私に現金を渡すくらいなら、税金でもってかれた方がいいと受け取る言動「税金払うしかないだろう」なんてのんきなこと言っていますが、私はやることやったので知りませんからねって無言の反抗です(*^^)v

    • だめ女 より:

      カセイフ様、
      よかったですね。
      今年の分は確定申告で済みそうで。
      夫さん、カセイフさんが働くのは、
      渡しているお金の金額からも、仕方ないと思われてるようですね。
      最初の夫はリーマンだったので、家族手当やら消えると損だと、
      フルで働くことに文句言われましたが、2年目からはフルにしましたが、
      働かずしてランチにショッピングの主婦も、いっぱい居ることを考えると、
      貧乏症なんだろうなと。(笑)
      カセイフさんの夫さんは、お金持ちなんだから、なんとかして出させたいですね。
      給与上げて、社保加入、無理なのかなぁ。
      会社経営の友人は、ムチャクチャ厚生年金を払うことになるので、
      給与は代表でも、ほどほどにしてるそうですが、
      夫さん、ちょっとは、奥さんに回してくれたらいいのに、と思いました。
      老後が心配、と言ってみたら?ダメかなぁ。

      • カセイフ より:

        そうなんですよね~。夫が給与からでも、会社に私の給与分としてでも生活費を増やしてだしてくれれば、この問題も解決というか(笑)
        夫に老後の心配の話は切り出したんですがね。貯金なんかしてないっていい顔しないので、老後の年金だけじゃ生活できないから、月10万づつ(夫の手取りから)でいいから私の名義口座に貯金してほしいと言ったんだけど、あの感じだと私だけが困ることが楽しいのかもしれません。経済的にもモラハラ夫なので、客観的に法的機関から第三者に通達もしくか警告(笑)的な訴えじゃないと、妻では平行線な気がします。
        低所得者は何やってもダメな人間というような人権に関わる発言も多いので、既に私が外で働いて扶養が外れてるし、用無し役立たずには金は出さない的な考えなんですよ。
        2017年来年は、婚費請求考えています。本人に言っても出さないなら、公的機関に申立てしてださせようと思います(‘◇’)ゞ

  3. まみ より:

    オプジーボの特集を見ましたが、肺がんなどは保険が効くようで、月に何千万かかっても高額療養費で自己負担は10万程度になるようです。問題は高額なので自己負担は保険で少なくても、国の負担が多くなることらしいです。どちらにしても抗ガン剤治療しなくても済む人生が良いですね。
    私は血液の癌だったので、悪い所を手術で取り除くことが出来ず大量の抗ガン剤を使うしか治療法がありませんでした。その後、骨髄移植をしましたが、更に大量の抗ガン剤と大量の放射線を使いました。残酷なのは若い女性の場合、放射線で卵巣機能がダメになり子供が出来なくなる事です。私も20代半ばで閉経し婦人科で2度も手術を受けました。抗ガン剤治療はとにかく辛く、他の悪い所を手術できる癌だったら良いのにと思いましたが、7月に良性ですが甲状腺の腫瘍を手術した所が今だに回復せず、病気にどちらが良いもないと気づかされました。
    お仕事探し大変かと思いますが、無理なさらないで下さいね。