「めんつゆ」意外と盲点。まさかね、後輩と孫話、料理話。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

元々、結婚するつもりはなかった。

生涯、独身で仕事をしていくつもりにしていた。

と言うと、カッコいいけど、ただ、結婚できなかっただけです。

ところが、友人達は、私も~独身・・・と言いながらも、皆20代後半に入ると、

バタバタと結婚相手を探してきたと思うと、あっと言う間に結婚して行った。

紅白のタスキは掛けるのか、車2台で行くのか、という話など、

恐ろしい世界ですよ。

こちらは移動でやって来たイヤなアホ上司が、

私を入れて数人の高齢女子の支配力を弱めるべく、配置換えを企てたりで、

結婚どころじゃない。

その当時の後輩は、今も、つきあいが続いている。よく頑張ってくれた。

最初の方は、私が直接育てたと言うと言うと、口幅ったいけど、可愛がった。

一昨年の嵐のラストコンサートに来たのが、最終組だと思う。

その後輩も、同時期に、孫の出産となり、

お互い、孫話をすることになるとは・・人生、分からんものですわ。

大体、私より10才前後年下だけど、

私が、里帰りした際は、本当に子育て出来るのかと、ゾロゾロ集まったという後輩たち

ひどい話です、(笑)見世物じゃないし・・・・(゚д゚)

今日は、孫の話をしつつ、料理のレシピを教えてもらった。

私より、ずっと主婦歴は長い、

キノコのマリネ、写真はぶれてるけど、美味しそうでした。
なんでも、すぐ共有できるって、いいよね、今更ですが。
今度、コレ、作ってみるわ、レシピありがとう。

最近、何か美味しい物食べた?と言うのが、食道楽の地元ではあいさつ代わりみたいなもので、

枕言葉になる。

最近、母が介護施設に入所したし、一人分だと、料理、作る気がなくなったとメールしていたら、

牛肉のしぐれ煮を作ってみたいとの事。

以前、母に一気に作って、送っていた頃の写真。まだちょっと前の話だけど・・

後輩に、めんつゆとメールしてから、気になり調べた。

私は、料理酒とみりんと、めんつゆ、醤油は、スーパーで比較的高めの値段の物にしている。

添加物が多いとイヤなので、

特にめんつゆは、色々入っている。

めんつゆの消費期限は短い。

なので、買いだめはしていません。

9月、あさって、にんべんは値上げするそうですが。

とりあえず、化学調味料無添加、有機醤油使用。

惣菜屋でもないので、一人だと、それほど消費しない。

めんつゆの種類によっては、100円、200円で買えたりするらしい。

そうなると・・・「めんつゆの添加物」で調べると、かなり怖い事がかいてあります。

後輩たちは、皆、金持ちのおうちに嫁いでいるから、(家の中で迷子になるらしい)

調味料の心配をすることもないだろう。

地元に帰ると、長く在籍した金融機関のこの同僚たちはいるけど、

会社が大阪市中央区、皆は、アチコチに拡散している。

第一、年齢も違うしね。

そう言えば、ちょい年下の同僚から、今年は、冷蔵庫をいただきました。

大源味噌の甘酒も教えてもらった。

皆、年下ばかり(笑)・・・上にはおりません、最高齢ですから(*’ω’*)

そんな事を思い出していると、

ネット環境さえあれば、人って、繋がっていられるものだなと。

とりあえず、娘には、私の離婚、再婚で迷惑をかけたので、

もうしばらく、彼女の実家を守ることにしました。

いつでも、帰って来れる、ほっとする場所の確保。

いざとなったら、楽々パックで、いつでも引っ越しは出来るので、

そんなに高齢転居を恐れてもいないし。

今、たまに突撃隊でやってくる娘たちとは程よい距離だし、

友人も近くに居るし、いつでもランチ出来るし、

いつでも、都内でウロウロ出来る。

結局イラついていたのは、長らくビル街を歩いていないからだと思う。勿論コロナもある。

東京で言えば、丸の内あたりで、長らく働き、

退社時は、ネオンと共に、

一杯飲みやに行き、割烹料理やに行き・・・の日常。

その後関東に住んでからも、都内、八重洲、丸の内、新宿、竹橋、入谷と勤務は続いたし。

せめて、ビル街だけでも歩かないとメンタル的に厳しい。

オシャレしても、もうスカイラウンジ夜間飛行とは言わない。

場違いぐらいは、認識している。

要するに、刺激が・・・・ほしいいーーーΣ(・ω・ノ)ノ

刺激がないと生きていけない(妖怪人間ベラみたい)

・・・こりゃ、これも病気だな。

朗報です。

ヨウムの朝一番のウンチが、固形に近くなりました。

そして、朝一番に予約の電話をするも、またいっぱいで、予約取れず。

「死んでしまうかも」と言っても、平気。

今日になって、やっと鳥の病院を教えてくれました。

が、

恐ろしく山奥で、それは無理だろ、という距離。

なんだか、呆れて、怒る気力も消えてきました。

休み明けの朝にまた期待します。

ヨウム本人は、朝から一日中、飼い主に向かって(私しかいないけど)

「オナカイタイノ?ウンコしたの?」とうるさい。

その度に、お腹は大丈夫、ウンコも大丈夫と返事しています。

雨が降って来たら教えてねと頼んだのに、

教えてくれませんでした。

いつもは、「アメジャージャー」と言うのに。

もしかしたら、本調子ではないのかも。

とにかく、飼い主も頑張ってるので、アナタも頑張ってください。

一蓮托生ですから。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加