痩せた!?ホットモットのお昼、母の看取りの件は、

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

久しぶりに会った友人から、

エッ!どうしたんですか!

痩せました??

と言われた。

ちょっと前ならコロナ自粛で太っていたので、痩せても、元に戻っただけ。

その後、カーブスにこまめに通い、筋肉も少し出来て、体重も引き締まってダウン。

娘には、「そのお腹の肉、なんなの!?」と言われたけど(笑)

なので、この年で「痩せた?」と言われると、

何処か悪いのかなとビビってしまう。

多分、今回の孫守りで痩せたのだと思うわ。

娘の話では、20日から22日まで帰ろうかな・・・だったのに、

「やっぱり、今夜から帰る、遅くなるから寝てていいよ」

そうは言っても、鍵あけないといけないし・・・

そして、23日深夜まで孫守り。

結局、正味、まるまる4日間、お世話させていただきましたΣ(・ω・ノ)ノ

ちょうど暑い数日だったので、・・・今日も暑かったけど、

また痩せたようです。

片腕に8キロのもちもち赤ちゃんをのせて、堪えますね。

でも、今日の東京感染者数を見るとね・・・(゜o゜)

もう少し落ち着くまで家族で疎開して来ればいいのにと思ったり。

気持ちと体力は別物のようです。

ただ、高齢者枠にになると、ややポッチャリの方が体力もあり、長生きできるようなので、

これ以上は痩せたくない。シワシワだ(´゚д゚`)

ところが、我が家は血統的に、肥満体質とは無縁で、

母も、年々痩せてきて、春ごろは、39キロだったし・・・

食そのものが痩せてくるらしい。

高齢者の場合、孤独感や、生きがい、生きる気力がなくなり食欲が低下する事が多い上、

問題の孤食、一人の食事は楽しくなく、美味しさも半減してしまい、

結果的に食欲低下に陥る。

原則、料理は好きなのでさほど、深刻な問題でもないけど、

外食も出来ないのが、辛いところ。

友人が買ってきてくれたホットモット焼肉弁当、美味しかったです。

お土産のわらび餅も二人で食べました。

今日は猛暑の中、友人がホットモットで弁当と豚汁に、スイーツまで買ってきてくれて、

楽しくランチできて、感謝ー!

以前、ヨウムの餌が輸入できなくなり、廃番になって困ったと言う話をしていたら、

遠くのホームセンターで見つけたそうで、買っておいてくれて、またまた感謝(∩´∀`)∩

ヨウムの主食は、ラウディブッシュのペレット(ドッグフードのようなもの)で、

副食のシード(種、木の実)が、もうありませんでした。

色々、ミックスされていて、松の実が好物らしく、

毎朝、「オイシイノアルヨ」と話しているので、ぎりでセーフでした。よかったです♡

国産の黒瀬でも買いましたが、種類が少なかったです。

このくるくる回るオヤツ入れ、

よく遊びながら、楽しんで食べています。

ヨウム用のゲージにも、縦、横、どちらでも設置できます。

切れ込みがあるので、簡単です。

ネジの抑えは、外側なので破壊したいみたいですが、できません(笑)

娘から連絡があり、母の終末期と看取りの件、相談しました。

実際問題、心臓マッサージしても、その年齢だと、肋骨ボキボキ折れるし、

そこから、どうして行くかという事だから、不要でいいよ、

自宅で終末を迎えると、訪問看護対応の場合、

長期になると、看護師、医師が常時になり、その処置も大変だからね。

娘は、個人宅での訪問介護も経験があるので、

母の施設は綺麗で設備も整っているから、施設で看護、看取りがよいとの事。

日本の場合、病院に入院すると、

安楽死は認められていないので、基本、全て延命になるので、

そうなると、本人自身も厳しいと思うし、認知症は進行して行くからね。

しかし・・・肋骨が折れるまでは想像できなかったけど、

大体、考えていたのと同じ選択でした。

ただ要望としては、

遠距離の為、体調悪化の場合、早急に連絡を入れてもらう事にしました。

でも、まだ、元気に暮らしているので、覚悟を決める時期でもなさそうです。

もしかしたら、100才超えまで、のんびり暮らすことができるかもしれないし。

毎年、母に送る千葉の梨も、今年は、施設に直送のつもりです。

またひ孫の写真も送ろうと思います。

夏物のイージーパンツも追加で買ってきました。

私が実家に帰れば解決する問題も多いけど、

一昨日の桜島の噴火には、肝を冷やした。

もしかして、阿蘇山の噴火もあれば、関西だと、粉塵は50センチ積もり、

木造家屋は倒壊の危険もある。

それで調べたら、桜島と阿蘇山が連動して噴火するのでなく、独自の活動らしく、

今すぐ阿蘇山が、というわけでもないらしい。

その確率より、富士山噴火や首都直下地震の方が、30年以内に70%の可能性なので、

やはり、関東に居る方が、役に立つかもしれない。

なんで、この家でぐずぐずしていたかと、忘れかけていたけど、

この問題だった。

だけど、まさか、いつ発生するかも分からない地震の為に、

この家に住み続けることは無いけど。

だけど、最近の地震の多さ、気持ち悪いです。

かれこれ、関東に住んで30年近いけど、

こんなに地震なかったものね、

昨日も、茨城で地震。

日本列島が、活動期に入っているそうなので、

いつ何が起こってもおかしくないのかも。

備蓄は、ひととおり備蓄したので、これで多少はなんとかなると思います。

私は、戦争も知らず、なにひとつ危惧することなく過ごした66年だったけど、

これから生きていく若い世代に少しでも何か出来たら、と思います。

お土産は、何も準備していなかったので、採れたてトマトを。(=゚ω゚)ノ

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加