母が、突然、壊れた、認知症の急変は悲しすぎる。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、していただけたら嬉しいです!

今朝、とうとう、母が、壊れてしまった。

この数年、認知症の症状が出たので、新幹線帰省で、介護の方のお世話になりながら

見守ってきたけど・・・・。

母の認知症は、少しづつ進行し、

そして、今日、急に壊れてしまいました。

今日は、訪問看護師さんの訪問の日で、

家に行くと、雨戸が締まったまま、時間は、昼近いので、

ノックして、母を呼び、室内に入られたのですが、

母は、下着を付けておらず、急いで探すも、パンツは見当たらず。

汚れものは、隠しているのか、もしくは捨てた様子。

その代わりに、ウン○が落ちていたそうです。

母は、肌着を畳んでは、隣の部屋に持っていったり、

ソファーに並べたりを延々と繰り返し。

ズボンを履きましょうと言っても、

「結構です、自分でできますから!」と拒否する始末。

そして、今、シャツに足を入れて履こうとされています・・・と。(;゚Д゚)

ありえへんけど、予想された事態になりました。

ずっと歩き回っているので、熱は、なかったものの、血圧は、高め。

準備されていた食事も、テーブルの上に置いたまま。

パンツをはかずにベッドで寝ていたようで、

布団は、濡れた状態。

看護師さんも、先週との変わりように、慌てて、電話されてきました。

もちろん、私も、電話を持っったまま、呆然と立ち尽くすという状態で、

昨日、母と電話した時は、

「疲れて、頭がぐちゃぐちゃになってしんどい」と言っていたけど、

認知症の、まさに、これが急変するってことなんだと思いました。

その姿で、屋外に出なくてよかったです。

足が悪く、歩行困難で、助かりました。

これ以上、母に辛い思いをさせたくないですから。

訪問看護師さんは、すぐにケアマネージャーに連絡しますとの事で、

今日は、忙しくなりそうな気がしたので、とりあえず、近くのスーパーへ。

娘は、娘で、大変なので、

もう、同時にとは、参ったな(;´Д`)

重なる時は、こういうものなんだなと、思い知ることに。

帰り道、早速ケアマネージャーから連絡。

昨日、私が、電話した老健は、グループホームも併設ですが、

グループホームは、空きなし。

母の状態では、やはり、グループホーム入所がベストなようです。

それで、すぐ入所可能なところを探してくださり、

少し、料金はかかりますが、場所は、市内。

いつものヘルパーさんに来ていただき、入所の方向で、進めていいですか?と言われ、

いや、もうパンツも履かずにこの冬空に外出したら、即死なので、

選択の余地なし。

はい、お願いします!の二つ返事。

しかし、ケアメネージャーって、

介護って、大変な仕事だと思いました。

力を尽くしても、皆、終焉に向かっているのだから。

出産と異なり、希望の光は見えてこないし、

だから、元気なうちに入所しようと言ったのに・・・

聞かないから・・・・(◎_◎;)

とりあえず、ショートでもいいので、母の生命維持の方向で進め、

その間に、どこか空きが見つかれば、入所、多分、片道切符の入所になると思います。

私が、即、帰省出来たらいいのだけど、

ブースター接種はまだだし、娘の事もある。そう言いながら、近いうちに帰省する予定。

なんでまた、こんな時に・・・・悲壮すぎて、反対に可笑しくなってきました。

友達に電話すると、すごいタイミング過ぎると。

その友人の息子のお嫁さんに、先週赤ちゃんが生まれたので、

「欲しいって言ってたから、2個、ポチしておいたよ」と、

夕方、持って来てくれました。

可愛いね、リロリロのおきあがりこぼし。

セルロイドって、懐かしい。

真っ赤じゃないのも、また、いいね。ありがとう。

昭和31年生まれの赤ちゃんにも登場、

もちろん、その後、平成生まれの娘にも、買いました。(笑)

母のブースター接種券がいつまでも転送されてこないので、

朝一番に大阪のコールセンターに問い合わせたら、発送済。

ということは、もうすぐ転送されて、我が家に届くと思っていたら、

郵便局って、ホントに当てにならない、

ケアマネージャーさんが、すぐ、実家に駆けつけると、

実家に配達になっていました。なんじゃ、ソレ(;゚Д゚)

母が紛失するといけないので、預かっていただくことに。

自宅の鍵は、見つからないし、てんてこ舞いで、やっと発見。

施設に移動するにも、戸締りしないといけないので。

娘から連絡が入り、少し、気分は、相殺されたけど・・。

スーパーで買った弁当は、今日、初めての食事なのに、

喉が通らず、食べられませんでした。

とうとう、母は、母でなくなってしまいました。

可哀想に・・・みんな、私が悪い。私の責任だ。心配ばかり掛けてきた。

小学校生の頃から、〇〇ちゃんのお母さん、きれいね、と言われ、子供ながらに嬉しかった。

無口で、他人の悪口や、噂話もしない母。

お付き合いは悪いけど、家族の為に一生懸命生きた来た母は、

自分の母を二十代で亡くし、一人っ子で誰にもグチをいう事もなく、

そして、最愛の父が亡くなり30年。

ひとりで頑張って生きてきてくれました。

もう一人のきょうだいは、お金を持って行方不明。

私が、父の替わりに母を守る!と決めて今日まで来たけど、

どうやら、私の手で守り切れないようになりつつあります。

もういろんな話が出来ないのかも。

でも、まだ、残ってい部分はあると思う。

今夜は、母は、家を離れて宿泊。

大丈夫かな。

そう言いつつも、娘の事も気になるし。

とにかく、昨夜から、あまり寝てないので、

今夜は、早く寝ようと思います。

明日が、素晴らしい一日となりますように。

 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
*応援ポチ、いつもありがとうございます!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加