低所得者が入れる団地に住んで暮らす

◆広告エリア

彼がいるとしたら、どんな人なのだろう・・・。

看護師国家試験まで後20日、

ここで根掘り葉掘り聞いてケンカになりもめるのもなんだし、

知らん顔する事にしたけど、

湯島天神のお守りが置いてありました。

娘が正月以降に外出したのは一度だけ。

その日が怪しい、と思ったけど美容室に行ってたみたいだし、

そうなると、だれかが娘のためにお参りしてきた、という事か。

今、付き合えばゴールインという事もあり得る。

「行ってきたの~?湯島天神」

聞いてみたら、「イヤ」で終わった。

愛想もクソもない。

これじゃあ彼もできないだろう。

男子とは限らない。

女友達のお母さんからもらったのかも。

その線が妥当だろうな。

なんでもいいので、受かってくれたら他はどうでもいいです。

今日は、実家の母と話していてまた断られました。

象印の見守りポット、かなり前に勧めてみたら、

「見張られてるみたいでイヤ」で却下。

そして今日も言ってみた。

「パンフレット取り寄せ中、つけていいよね、」

今日も断られました。

ずっと電気のコンセントに差し込んであるというのがイヤらしい。

そこからショートして火事、を多分、連想しているのだろう。

無理やり設置も出来ず今回も見送りです。

話の流れで、

後数年はこっちで働いて、それから帰るね、と言うと、

「私、色々考えたのだけど、1人で暮らすのが一番楽」

「まだまだ元気だから、〇〇ちゃんは、△△ちゃんのそばに居なさい」

倒れていてもわからないじゃない、

孤独死なんてどうするの、ポットもイヤだって言うし、

「その家出たら、低所得者の入れる団地に住んで暮らしなさい」

「一人っ子だし、病院の寮は皆、他人、〇〇ちゃんが近所に住みなさい」

でも寝たきりとか、それに近くなる場合もあると言っても、頑固だ。

どうやら孫の事も心配なようだけど、

出戻りがイヤなのかもしれない。

確かに、傍の目もあるけど、自分が戻ると静寂はなくなる。

帰ってくるな、という事なら仕方ない。

この関東で骨を埋める覚悟とするか。

お金さえあれば快適なんだけどね。

まずは借金返済から、何事もまずは一歩、頑張ろう。

IMG_1303 - コピー

初めて行ったので娘に自慢した

「グウ、に行ってきた。知ってる?」

???

世の中、そんな事になってるとは、迂闊でした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!