あの事件以来、母の認知度を毎日、観察・・・季節の梨をありがとう、だって・・・梨をアチコチ送り、即席そうめんを食べる。

◆広告エリア

朝、目が覚めたとたん、

セミの鳴き声のシャワーで始まりました。

三重奏、五重奏どころじゃない、

フルオーケストラ並み、スゴイ勢いだ。

命の限り、鳴いてください、

わたくし、聞いております^^

この時期、

毎年恒例の贈り物がある。

以前、千葉の友人から送ってもらった梨だ。

生まれて初めて、こんない旨い梨があったのかと感動した。

それ以来、その梨屋さんから、

お礼をこめて、友人や恩師に、そして、母に送っている。

梨って、小学生の時、

白地図に鳥取県に梨の絵を描いた。

どうやら、その梨の原木って、千葉県が発祥の地らしい。

千葉まで梨を送りに行けないので、

現地は知らないが、感激するくらい旨い。

友人からラインが届いた。

今年も、梨、ありがとう、

立派な梨だよね、

今年、最初に収穫される幸水、L玉、

自分には送らないので、

こうなっているらしい(笑)

友人は両親も亡くり、独居・独身・50女・勤め人なので、

6個入りにした。

同時に、今、一番気になる母からも、メールが届いた。

この文章を見る限り、
認知症は感じられないのだけど・・・・

タイムリーにメールを送信してくるし・・・

しかし、認知症と言うのは、症状で、

アルツハイマー型があったり、種類があるらしい。

加齢から来る物忘れとは、また違うらしい。

加齢からなら、私もかなり来ている(・_・;)

母に電話すると、

最近、矢張り、物忘れがひどいらしい。

でも、一番気になる、ガスは大丈夫、という。

「〇〇ちゃんも、年を取ると、わかると思うけど、イヤなものよ、」

「私もいつまでも生きていないから、そろそろ覚悟しておきなさい」

と言われた・・・・(゜o゜)

まあ、それぐらい、しっかり申し送りができるって、

まだ、大丈夫なんじゃないか・・・と思ったりする。

当面、毎日、要要経過観察だと思う。

私しか、それをできる人は居ない。

責任重大だぞ、と私もしっかと覚悟した。

62年前、

東区法円坂の病院で、寒い日に産んでくれた、

ただ一人の大切な母だ。

何としても、守るぞ、と決めた。

聞いた話では、果物は重く、買い物が大変そうなので、

独居だが、10個入りを送った。

近所におすそ分けしても、

当分は、いけるだろう。

とりあえず、喜んでもらって、よかったです。

私はと言うと、

最近、冷たいものばかりを食べている。

だって、この猛暑だものね、しょうがないわ(・_・;)

しかし、冷え過ぎたようで、

お腹の調子まで悪くなってきた。

こりゃイカン!

暖かいので、お手軽で(笑)・・・・

あった、あった、

いつもの、一筋縄そうめん、

2個残っていた。

熱湯、かけるだけ。

お出汁も付いてる^^

それじゃあ、能がないだろと、

冷凍した柚子とおぼろ昆布を入れてみた^^

どれどれ、3分で、どんな具合?

いいじゃないか、楽ちんだ。

これです。宣伝みたいだけど、あまりに便利なので^^

暑い時に、暖かいものを食べるって、いいものですわ。

会社に持って行こうかな・・・

仕事場は寒くって、震えながら食べている・・というのは大げさだけど、

それぐらい冷えている。

人間、冷えすぎてはよくないらしい。

かと言って、この猛暑、

ほどほど、中庸でお願いしたいものです。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加