いつかはわかる母の愛、離婚だけはマネしないでね、母さんその時生きてません

◆広告エリア

最近の高齢出産と言ったら、40才なんて珍しくもない。

有名人ご用達の〇〇クリニックなんて、50才で初産というのもあるらしいです。。

50なんて、閉経と妊娠のせめぎ合い、どっちに軍配が上がるか、みたいな感じだなぁ。

昨今の諸環境から、産んだ頃はマル高だと思ってたけど、普通なのかもね。

仕事してたら、気がつくと40目の前、

妊娠の確率がグンと下がる年令だ。

娘が看護の実習で、出産に立ち会ったらしいが、

「高齢で産むのは百害あって一利なし」などと、生意気な事を言っていた。

じゃあ、早く結婚して産めばよろしい。

詳細は守秘義務があるので書けないけど、

高齢出産は表に出ないけど、危険がいっぱいらしいです。

私もなかなか大変な出産だった。

以前は、産んだ子どもの年令が母の年齢と、うぬぼれて、

ひとまわり若いママ友と同じ気持ちでいたけど、年には逆らえない。

45才でお約束のように老眼が入ってきたし、

50才で、睡眠時間が短くなった。

血圧も、どういう訳か、うなぎ上り。

腹は、「何か巻いてる?」と人に言わしめた、堂々たる腹回りになりました。

シャボン玉ホリデーと、夢で逢いましょう、も知ってるし、

名犬リンチンチンも、実写版鉄腕アトムだって知っている。

こんな母をもつ娘なので、古臭い映画のよさもわかるようだ。というか、無理やり観せた。

元は、邂逅からのリメイクで、

めぐり逢い(ケイリー・グランド、デボラ・カー)

めぐり逢い(-ウォーレン・ベーティ、アネットベニング)キャサリン・ヘップパーン最後の出演

めぐり逢えたら(トム・ハンクス、メグ・ライアン)

の3本立て(勝手に3枚借りただけ)には感激していたので、

なかなかイケルジャン、と思ったけど、矢張り37年の差は如実だ。

ジェネレーションギャップは大きい。

「そんなの、母さん、知らないんだから教えてよ」と言っても、

説明するのが面倒で、割愛される。そんなものですよね。

男性の好みも当然、違う。

どこがいいの?と思うのだけど、まあ好みだしね、

しかし、美人に産んでないので、ああいう人と結婚したら、出来た子どもが気の毒なので、

この辺りで、いっちょ、言っとくか、で

「生まれた子どもの事も考えなくっちゃ」

「アヤノコウジ、が好きなんだぁ・・・・・母さんは絶対、佐藤浩一だけどなぁ 」

「それ、きみまろ、だし・・・」

「アヤノコウジ、じゃないの?」

そんなめんどくさい母親らしい。

しかし、めんどくさい母親でも、今日も頑張って、口パクでコンシェルジェしてきたよ。

いつかはわかる母の愛。

どうか離婚だけはマネしないでね。

母さん、その時、生きてません。
2015.05.24 020

本日も高額商品お買い上げ。

背に腹は替えられず、

頑張って働きます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加