独居老人にいきなりの訪問、緊急時の確認だったらしい、ありがとう、母子弁当は納豆持参(笑)

◆広告エリア

梅雨の晴れ間、

快晴の月曜に休日とは有り難い、

今日は、しっかり洗濯しよう。

今年の夏はどうかな?

去年はバセドウの治療薬を服用していたので、

前年ほど、辛い夏じゃなかった。

各段に楽になった。

今年は薬の量も減って来ているので、

人並みかもしれない(=^・^=)

昨夜、自宅に戻ると、

夫は不在。

SMAPのダッシュ村の大ファンなのに、

まだ帰宅していなかった。

最近、そういう日曜が多い。

多分、打ちっぱなしでも行って、練習しているのだろう。

不仲な夫が帰宅したので、

経理報酬の話をしてみた。

今なら、月3万の余裕はあるはずだ。

絶対渋ると思ったら、

なんと!

来月から復活になった。

言ってみるものだ。

3万の重み、

大きいよぉ~ (^_^)/

少しだけ、もやもやが解消された。

しかし、妙な感じだ。

あのケチがすんなりねぇ・・・

まあ、なんでもいい方に受取ろう。

来月が楽しみだ。

昨日、仕事中に地元の友人から着信があったので、

ほほう、珍しい、

休憩時間に折電した。

今年の5月は会わなかったが、

去年の秋に実家に帰省した際に会った中学からの友人だ。

実家方面に行く用事でもあったのか、

大阪地震のこともあり、実家の場所を、再度確認に行ってくれたらしい。

秋に、何かあったら頼む、と言ったのを気にかけていてくれたようだ。

何十年ぶりかで、母と会ったらしい。

「〇〇ちゃんのお母さん、綺麗やったわ~」

「お化粧もされて、一人なのに」

「身だしなみもきちんしてはるよね、ビックリやったわ」

と言っても、87才、正真正銘のオバアサンだ。

まあ私とは随分違うけど・・・。

船場の御料さんは、そういう躾で育っているのだろう、三つ子の魂だな。

「電球を替えるのとか、何か用事があれば貯めて置いて」

「いつでも言ってください」

「高速乗ったら、すぐですから」

そう言ってくれたらしい。

フットワークのいい友人で、

「急に行ったから、手土産もなかったのに」

「お菓子までもらって帰ってきたわ」

「よろしゅう言っといてね」

ハイ、わかりました。それより、ありがとう。

独居老人の緊急時ネットワーク、

1つ、心丈夫なルートができた。

有難いことだ。

夜に母に電話をすると、

「ずっと若く見えるねぇ」

「可愛いいし、肌も綺麗やったわ、」

「〇〇ちゃんの方がずっとシワが多いよ」

そうらしい。

最近、高血圧でビビッてダイエットしたら、

血圧は下がってきたが、シワだらけになってきた。

なんでも、よく見てるな・・・(;一_一)

しかし、母は、そう言われたからと言って、

気軽に頼む人ではない。

友人も、「気遣いやね、〇〇ちゃんのお母さん、」と言っていたが、

だけど、万が一、

緊急時に頼りにできるというのは、どれだけスゴイ事か・・・。

今まで通り、私が帰省した時に合わせて、

力仕事や用事は片付けるつもりだが、

「六甲まで運転するよ~お墓詣りのついでに、六甲ドライブ行こう」

そんな神様のような事を言ってくれて、

泣きそうになった。

ありがとう。

故郷は遠くにありて思うもの、ではなく、

これから確実にやってくるであろうの介護との戦いの場でもある。

頑張らなきゃな、と腹をくくっていたので、

その優しい思いやりに、

しばし、心が温まりました。

昨日の子弁当。

プチトマト入れたったー(笑)

豚肉ピーマンは甘辛いため、

母弁当、

とうとう、納豆まで持参です。

朝、どうしても食べられない。

なら、お昼に、ってことで、

正解でした^^

モジズリ草、

可愛いね、

なんか好きだわぁ~

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加