ホームセンターで、高齢独居の母への買い物、コレなら電気が止まっても超明るいーー!

今日は、ホームセンターに行ってきました。

もっと早くに、どうして気が付かなかったのだろう・・・。

大阪地震の際、

電気・ガス・水道のライフラインがストップされた。

実家の母のところは、大丈夫だったけど、

それは、後になって聞かされたことで、

一時は、かなり心配した。

独居で、夜の電気が付かず、真っ暗だったら・・・

懐中電灯やロウソクはあるだろうけど、

もしかして、短時間でなく、数日になったら・・・

母は、じっとその状況で一人でいたのだろう。

なんだかなぁ・・・気が付かないというか、

思いやり、気づきの欠如に、

改めて、反省・後悔した。

ひどい娘だ。

父が存命なら、

きっと、早くに何かしら、準備していたはずだ。

屋内の照明も探したが、

コレと言ったのがなく、

また改めて、探すことにしたが、

電気が止まると、屋外、庭の電気も玄関も全てストップ、

当然、真っ暗だ。

道路に出るまでに、階段もある。

屋外を考えた。

先日の実家帰りの際、

人を察知して、センサーで点灯する照明は、ひとつ、付けてきた。

但し、電池式。

半年は少なくても持つと思うので、

次回、早めに取りかえれば問題ない。

それだけで、「明るくなった」「怖くなくなった」

と母は、喜んでくれていた。

今回は、庭の足元を考えた。

そうそう、アレだわ・・・・

電池もいらない。

太陽もしくは、蛍光灯の電気でも、充電できるヤツだ。

この家では、もう何年も前から、アチコチに置いている。

その最新式のを見つけた。

「パワーLEDで4倍の明るさ」

おお、スゴイじゃないか。

持ち帰り、母に組立ができるか、やってみた。

大丈夫だろう。

とりあえず、1個購入。

よければ、買い足そうと思ったら、

あらら、製造会社は和歌山なんだなぁ・・・

そういう事はままある。

昨日は曇天だったり、朝方、雨も残っていたので、

フル充電ではなかったと思うけど、

夜、真っ暗な部屋で確認すると、

うわぁーーww、明るいわ~

いざと言う時は、室内でも使える。

何と言っても、電池など気にせずエンドレスだもの、安心だ。

どうしてもっと早く気が付かなかったのだろう。

そういう事が、いっぱいあるのだと思う。

戦争を経験した年代は、

耐えることをやってきた。

だからと言ってね・・・色々反省すること多し。

早速、送ろうと思います。

他に何を同梱しようかな。

お菓子が生きがいらしいから、お菓子かな(笑)

いつも、私や娘の着なくなったTシャツなども送っている。

独居じゃね、そうそうボロも出ない。

小さく切って、使い捨てているようだ。

喜んでくれる顔が浮かんできます。

もう少し、待っててね、

そんな、休日でした。

四方八方に光が拡散、

明るいです。

3,200円だったと思う。

今日の作り置き、

コレだけ。

しかし、遠かった。

ホームセンターの隣に家があれば、

最高だな、と思いました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加