独居老人の安否確認、いつかはこうなると思っていた・・・不仲な夫は知らん顔、やっぱりね・・。

◆広告エリア

朝、一番に飛び込んできた地震情報、

来たか・・・・恐れていたことになった。

独居老人の安否確認だ。

いつかは、こうなると思っていた。

たまたま乗換駅だったので、

即、実家固定に電話。

全く通じない。早っ・・・。

電話番号を入れた途端、切れる。

繋がらない。

何度やっても同じ。

こりゃ輻輳してるな・・・電話しても無駄だ。

あの、神戸の震災を思い出す。

どうか無事でいてくれるように信じる。

絶対大丈夫、自分に言い聞かして、

携帯にメールする。

すぐ返信されてきた。

「驚いたけどだいじょうぶです」

よかった。

フロに水を張るように、メールして、職場へ。

その後、ライフラインが途絶えたり、

火事、水道管の破裂のニュースが入る。

上司に断って、許可をもらい、何度か電話する。

昼ごろ、やっと声を聞けた。

水道・電気・ガスは問題ないとのこと。

でも、今からどうなるか分からない。

カセットコンロのボンベの着脱は、秋と5月の帰省の際、

嫌がる母に何度も教えた。

ほらね、言わんこっちゃない。

でも、怖いので、使いたくないという。

困ったものだな・・・(-_-;)

電気が消えたら、真っ暗で困るだろう。

ライトとロウソクはあるだろうけど・・・・

カセットボンベの数も、5月にチェックしておいた。

6個はあるから、急場はしのげるけど・・・

もう少し、最新式の何かを考えなきゃね、

人間、暗闇と言うのは、心細くなると思う。

母の状況確認と共に、

同期、後輩、たくさんの安否も気になり、

昼休みに電話、メールする。

高槻・茨城・北区、山盛りだ・・・。

大阪の区分けを統合するとかいう話があるらしいけど、

現状の小分けの方が、こういう時、確認しやすいと思った。

電車が止まり、歩きになったり大変そうだったが、

皆、大丈夫だった。

よかった。

よかった、と言うと、亡くなられた方も居られるし、

怪我をされた方もいるので、ちっともよくはないが、

神戸の震災の衝撃的な映像に固まっていたことを思うと、

まだ、被害は少なかったようだ。

しかし・・・

腹をくくっていたものの、JR東海、新幹線が止まると、

どうにもならない、お手上げ状態だわ・・・。

東海道五十三次、歩く自信ある?

でも、それしか手段がなければ、

母を訪ねて百余里、行くしかないと思っている。

小池さんは、都内23区をシャットアウトするらしいですが・・・(・。・;

帰宅し、また電話する。

「すぐ、ガスの火は消した?」

「その後、どうしたの?」

台所に居たらしく、火の始末をして、

食卓のテーブルの下に隠れたらしい。

意外としっかりしている。

でも、怖かったらしい。

今回は、何とかなったけど、

南海トラフトになると、こうはいかない。

考えただけでも、恐ろしいです。

但し、私も母も、生きている間にやってくるかどうか、だけど。

気が付くと、私の友人からも、

お母さん、大丈夫?のメールが入っていた。

心優しい友人たちに感謝し、返信する。

そして、一日が終わった。

天災は忘れた頃にやってくるとは言うけど、

ホンマですね、その通りやわ・・・

神戸から23年、

忘れてはいなかったけど、記憶は薄れてきていた。

母に、震災用の持ち出しセットをプレゼントしようと思いました。

ちょっとしたことでも、絶対、

安全、安心に結び付くと思う。

本日の子弁当、

作り置き、そのまま入れて、

卵焼きを足して。

母弁当、

電話したりで、大忙し、

でも完食でした。

帰って、特急でカレー作り。

当然、不仲な夫から、

「実家は大丈夫?」という言葉はナシ。

長生きしようと思いました。

少なくても、夫より1日でも長生きします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!