鏡の前で食べる・・・「1人の食事を簡単においしくする方法」らしい、母子弁当、昨日の孤食

◆広告エリア

朝、ブログをアップしようと、

パソコンを立ち上げたら、

目に入ってきたのが、

「現代人の孤食」という記事だった。

確かに、今、娘と同居していても、

一人飯が多い。

それを言うなら、

独居老人は殆どが「孤食」

母など、365日、3食、孤食だものなぁ・・・

不仲な夫は、現場から帰宅するのが早い時間なので、

これまた、孤食、

いやいや、自宅で一緒に食べる人はいないから、

ゴルフや会合など外食以外は、

家族がいても1人になる。

仕方ないよね、

「食費は出さない」

「自分の食事は自分で用意する」

と、言ってるのだから、だれも、わざわざ同席しないよね。

やっぱっり、家族はいても「孤食」だ。

それで、えええ、と笑ったのは、記事の中に、

「鏡の前で食べるだけで、美味しく感じる」と書いてあった。

ところが、どうも本当の話らしい。

名古屋大学の研究で、

・「誰かと共に食べる『共食』でおいしく感じることは知られているが」

・「人がいなくても自分以外に食べるという状況を共有する人がいるだけでおいしくなることがわかった」

・「鏡でなくても、人が食事をしている写真や、食事シーンの映像でも同様の効果が得られる可能性がある」という事だ。

人間って、そういうものらしい。

自分の場合は、トレーに一式のせて、二階自室に移動。

ペットの鳥と一緒に食べている。

付き合いがいい鳥で、

自分が、いただきます、と食べ始めると、

同じように、エサの前に来て食べている(笑)

「ごはん、食べてるの?」

「母さんもごはん、美味しいね」

なんだかんだ話しかける。

誰かに指示されたわけでもなく、

何となく、それの方が食事が美味しくなる、と感じていたのだろうな。

まさに、そうらしい。

母は食事の時だけ、TVを付ける。

それも、きっと、そういう事なのかもしれない。

アナウンサーでも、そこに居れば、人の気配みたいなものだもの。

高齢社会は拍車をかけていく。

これって、これからもっと注目されるかもしれないな・・・。

でも、気の合わないイヤだと思う人と食べるのは、

身体に悪い。

ストレスそのものだな、と思いますが(・_・;)

昨日の子弁当、

鯵のマリネは辞退するとのこと・・・(・_・;)

出勤すると冷蔵庫でしょ?

なんだかね、

母弁当、

美味しいじゃないか、マリネ(笑)

昨日の母のひとり飯

ペットと食べられる、というのも、

幸せなことなんだな。

相槌を打ってくれるし(笑)

ありがとう(*^_^*)

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加