ペットを預ける、ペットショップ、ペットシッター、不仲な夫の三択だ・・・夕食はコンビニトルティーヤ

◆広告エリア

連休明け、

今日はこれから雨が降るらしい。

風も強い。

しっかり防備して出かけないとね、

休み明けなので、爆発的に入電数も多いだろう。

数日、空いた電車に乗れたが、

今日から満員電車だなぁ~(・_・;)

通勤時間、自宅から30分圏内、

夢のまた夢だけど、

やっぱり憧れるなぁ~~

そろそろ、実家帰りの準備もしなくちゃいけない。

さて、問題は鳥だ。

今回、母からダメ出しされた。

鳥には脂粉というものがある。

羽毛の防水や汚れ防止の目的らしいが、

おしろいと同じ、真っ白な細かい粉で、

黒い服で近ずくと、一瞬にして真っ白になる。

前回も実家には新幹線同行で一緒に帰省したが、

先日の℡で、母の言うには、

「鳥は連れて帰らないで」

「ワタシ、鳥アレルギーだから」

えっ!うそーっ!

私の子供の頃から、

犬はもちろん、文鳥・桜文鳥・カナリア・・・色々と飼ってきたじゃない・・・

そう言うと、

「オバアサンになったから」

なんだ、それ・・・

なんだか、よく分からない、納得できない理由だ。

要するに、脂粉が身体に悪い、と考えているようだ。

そんなら、一緒の部屋で寝起きしている自分など、大変な事になっている筈。

小さい鳥でも、脂粉はある。

ヨウムは大型になるので、

余計に脂粉は多い。

バタバタ羽ばたいた際の飛び散る脂粉を見て、

母は体に悪い、と決めたようだ。

もうこうなると、87才の決断は変えられない。

さあて、鳥をどうするかだ。

今回は娘は時間差で同行、

その上、夜勤がある、全く当てにはできない。

ペットショップかぁ・・・

以前、鳥飼いのママ友に打診したことがあったが、

命のあるものなので、

環境が変わり急死、急変もあり得るので、ダメだった。

責任感のある賢い友人なので、思慮ある判断だと思う。

その通りだよなぁ・・・

知能4才児、5歳児と言われる鳥、

こういう時に、難しい。

きっと、

「オウチ、カエル、オウチカエル」と連呼することだろう。

しかし、

これからは、こういう状況にも慣れてもらわないと困る。

いつかやってくる母の介護だ。

多分、新幹線で行ったりきたりが多くなるだろう。

獣医にも指摘された。

だれにでも慣れるように、

ペットシッターさんもいるから、そういうのも使ってみることだと。

今まで、飼っていた犬を預けたのは、16年間で一度だけ。

大型犬だったし、

噛んだり無駄吠えもなかったし、

だれとも友好的な犬だったけど、

それでも、置いていくのはできなかった。

もともと、仲の悪い夫婦なので、

夫は豪華海外旅行はしても、家族との旅行にはお金は使わないので、

そういう状況にはならなかったけど・・・

まあ、よっぽど割り切らないと、

夫と24時間一緒と言うのは、かなり厳しい。(笑)

高野山の修行僧になったつもり、覚悟だろうな。

さあ、どうするべ、

ペットショップに電話してみようかな、

発想の転換で、夫に頼んでみるのも、一策だと思う。

基本、動物は、ヘビ以外は好きな筈だ。

私はヘビ年ではない、申ですが・・・。(・_・;)

昨日は疲れたので、

コンビニのトルティーヤを買う。

あとはサラダ。

昨日の弁当、

チーズも食べよう。

子弁当、朝ごはん、

時間差な上、

これから気温上昇なので、

ちょっと面倒な季節になった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加