初めての終活、途方にくれないように・・・タラと野菜の蒸し焼き

◆広告エリア

今日、歯に隙間がある事に気が付いた。

近眼なのに、コンタクトも眼鏡もしていないので、

大体が大凡な人間なのに、

何となくしか見てなかった。

こんな歯なんだなと、改めて見直した。

歯茎が痩せてきて隙間はあるが、

歯もガタガタになってきていた。

たまたま、洗面所で夫が置いたままだった

歯間ブラシ、

これをみて、そんなら私もと、使ってみた。

(もちろん、新品を使う)

親不知が表に出ずに、ナナメに押しているそうで、

ここ10年、

特に下の歯が重なってきている。

以前、メンテナンスで行った歯医者で、それを言うと、

「そうですね、これからも重なっていくと思います」

「抜くのなら、根っこが深いので」

「ちょっと大変ですが」

「歯の重なり、気になりますか?」

「もう、いいでしょう」

えっ・・・(・_・;)

歯医者って、「もう、いいでしょう」なんて言うらしい・・・(笑)

まあね、確かにバアサンですが、

歯が命、の職業でもないけどね。

こうして、

少しづつ、加齢の変化を実感することになる。

歯は見ても、土台の顔は見ないようにした(笑)

至難の技だけど、

上げると、キリがない。

年齢を抗うことなく、受け入れる・・・・

まだ、そんな境地でもない。

ロクマル世代として、ギリまで抵抗して、

どこかで、仕方なしに折り合いをつける、

そんなとこかな(笑)

今日は心境の変化で、

70才まで働く、なんて言いながら、

終活をしていた。

予想外に血圧が思うように下がらないので、

万が一、この冬にプチッと切れて、

早々に旅立つことになったら、ヒンシュクだ。

「もう~なんで、こんなに荷物があるの!!ww」

途方に暮れている娘が浮かんでくる。(笑)

とにかく、荷物が多い。

衣服やバッグはその気になれば、すぐ処分できるが、

本や書類、その他、じっくり見ないと選別できないもの、

これが意外と時間がかかる。

本は、重いうえ、車もないので、

book off にお願いしようと思う。

写真も、ディスクに入れたり、年賀状も整理した。

しかし、まだ全体の10%かな?

俳優の大杉漣さんもそうだと思うけど、

何の前触れもなく、その時は唐突にやってくる。

自分の父親も突然だった。

終活ね・・・、

外出する際、簡単に部屋を片付けて出かけるが、

そんなようなものだ。

ただ、帰ってこれない、

帰って続きを・・・ができないのよね、

そういう覚悟だけは、しておこうと思う。

何があるか分からん年齢になってきた、

いやはや、人生って短いものだ。

後半戦は、シンプル イズ ベスト がいいなと思う。

ホイル焼きのつもりが・・・

終活で疲れて(笑)

蒸し焼きに変更^^

久しぶりの庭、

チューリップが芽だしでした。

春、近し、

そして、春は変化の季節だ。

沈丁花、

だいぶ膨らむ。

フキノトウ、

庭の片隅で見つける。

一個だけ。

もうすぐ、啓蟄です。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加