「一番避けたいタイプ」と医療従事者に言われる・・・・(・。・)

前々から、友人と、

涼しくなったら、会おうね、という約束をしていた。

涼しくなった。

どちらも仕事があるので、スケジュール調整はあるけど、

とりあえず、ラインで送ったら、

「お父さん、年内は持たないと思う」

「会社は同じ新宿だけど、離れられない」

そんな返信が来た。

子が高齢になって来ると、

そういう状態に置かれるのだな。

そういう時、一人っ子って、大変だと思うわ。

全ての決断とそして責任があるのだから。

でも、きょうだいが居ても、

私のように、音信不通という場合もあるので、

兄妹力を合わせて、という事も望めない場合もある。

第一、亡くなった際、遺産その他でもめることがない。

もめずに、兄妹仲良くが一番、良いのだろうけど・・・。

彼女の場合、リアル独身で、

子も居ない。

数年前、母親を見送り、

今、認知の入ってきた父親の介護をしている。

経済的には、かなり余裕はあるので、

食べる為に働く必要はない。

それで、介護で数年、自宅に居たが、

去年から、又、仕事を再開した。

介護だけで自宅、というのは、精神的にもキツイ。

もう一つの自分の社会がないと、

息詰まるようだ。

今、61才で自分が働けるのは、

母が健康に留意して、

私に心配をかけないように暮らしてくれている上にあるのだな。

今さらだけど、気が付く。

毎日、疲れた、疲れた、とぼやいているけど、

母は30年間、おひとりさまで生活をし、

何ひとつ、SOSを送ってくることもなく、過ごしてくれているが、

でも、この状態での均衡が変化するのも、

そう遠い先では無いと思う。

認知は出てきていないようだけど、

いつ何時、という事もあるものね、

発症すると、投薬はあっても、進行は瞬く間、らしい。

娘の腕には、よく青あざがついている、

かなり痛そうだ。

患者の暴力は日常茶飯事だそうで、

介護施設ではないので、短期間の看護ではあっても、

認知が入っていると、

噛みつく、叩く、蹴る、

こういうのは、ごく普通にあるらしい。

人間が壊れて行く様子を見るのは辛いものだけど、

まあ、それが仕事なんだから仕方ない。

感傷に浸っている間はなく、

家族だって、同じだ。

だからと言って、尊厳は重視すべきという事だそうで、

敬語を使うらしいが、

それでも、「今日、おもいきり噛まれた」と言っている。

娘曰く、

「母さんは、認知が入ると、一番避けたいタイプだと思う」

「ずっと働いて来て、それなりの自負があるから」

「高プライド体質だもんなぁ」

いや、まさか、

全く、自信もプライドも、なにもないっす・・・(・。・)

傷だらけの人生ですから・・・(・。・)

「イヤ、夫に頼らず生きてきた女の人って、難しいんだよね」

そうなんだ・・・(・。・)

そんなに人間、複雑に出来てないけどね・・・(・。・)

「そういうから、余計にややこしい」

ふーん、仕方ないわね、

まだまだこの状態、続いて行くのだから・・・(・。・)

続くわなぁ・・・まあ、これはこれで、母さんの人生なので・・・

最後に笑えたら、いいと思うのですが。(笑)


今日の弁当

こんな白米で足りのだろうか・・・

おもいきり、詰めてますが^^

箸が折れるほどではないけど(笑)


昨日の弁当、

とりあえず、買うよりは、

塩分、少な目だと思う。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加