私は久保田カヨ子さんより、やっぱり意地悪ばあさんかな?(=^・^=)

あまりに可哀そうで、

考えないようにしている。

見ないようにしていること。

また、飼い主を噛んだと言うニュース。

人、ひとりの命に関わる事なので、

事情はどうであれ、

批判するつもりはないけど・・・。

でもね、

犬って散歩、命、なんだよね。

高齢者が大型を飼う時は、

次の飼い主を確保してからでないと、飼っちゃいけないんだ。

それは、飼い主の一番の責任だ。

そして、犬飼いの基本、

散歩は必須、何よりも重要だ。

大型は他人を噛んだら、殺処分が多い。

実際、動物愛護法では必ずしも、そうではないにしても、

立場上、いたたまれなくなり、保健所行きになるケースが多い。

噛み癖のある犬は、飼い主が治してやらないといけないんだ。

大型飼いの方はよく知っているが、

大型は優しい。

懐が大きいと言うか、

少々のことでは、無駄吠えしないし、

包容力がある。

頭がいい悪しは、犬種によって色々だけど、

グレートデン、秋田飼いの友人、

アフガン飼いの友人、

ラブやゴールデン、シェパの友人、

皆、それぞれに特徴はあるが、

しかし、飼い主に危害を与えるなんて、

どう考えてもあり得ない。

小型も、勿論、散歩は大好きだ。

ただ、運動量を考えると、

チワワやミニチュアなんとかは、

室内だけでも放し飼いなら、かなり動き回れる。

ところが、同じ小型でも、

ジャックラッセルとなると、事情が違う。

我が子の躾はなってないけど、

犬の躾には自信がある。

でも、ジャックラッセルだけは、ちょっと・・・と二の足を踏む。

それぐらい、やんちゃな犬もいる。

何にしても、大型となれば、かなり走らせないといけない。

老犬になれば、さほどでもないけど、

寿命の前半から三分の二までは、少なくとも、かなりの運動量だ。

狭い檻に入れて、

ご飯だけあげて終わりは、飼い殺しだと思う。

そうなる前に、

愛護団体や、レスキュー、何かしら相談できる処はある。

あの、飼い主を見上げる目、

こんな純粋な目はない。

それを言い出すと、

飼いきれなくてと、手放される犬も居る。

普段は見て見ぬふり。

見たら、最後、

触ったら最後、

どの子も、抱きしめて連れて帰ってしまうだろう。

61+15=76才

何度、同じ足し算をしていることやら・・・(^_^;)

もう無理なんだよね、

だけど、

1つだけ道は残っている・・・^m^

子どもが結婚し、一軒家で住み、そこに同居する。

犬と暮らせる幸せと、

孫の世話にこき使われる生活。

すごい、究極のセットだ。

でも、私は久保田カヨ子さんには、なれません。

どっちかというと、

あの意地悪ばあさん、だと思います。


今日の弁当と

お昼のおかず

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. hitomi より:

    『50代の生き方』の頃よりいつも読ませていただいています。

    犬のこと
    同じニュースを見て同じことを思いました。

    犬と暮らせる方法は他にもあります。
    保護犬の里親になること、あるいは保護犬の預かりさんになること。
    里親さんが見つかるまでの一時預かりですが、殺処分を減らすお手伝いができます。
    参考HP
    http://chibawan.net/volunteer/volunteer_keeper/dog

    既にご存知だったらすみません。

    ブログには書けない”飼えない事情”もおありかと思います。
    本当にお節介だと自分でも呆れますが、お許しください。

    • だめ女 より:

      hitomi 様
      いつもありがとうございます!
      早いもので、50代の生き方から始めて3年目になりました。
      物言えぬ動物の悲しみを思うと、毎回、こういうのを目にして、
      胸が張り裂けそうになりますね、
      里親さん、これならフルタイムを終えたら、私にもできそうです。
      以前、警察犬や盲導犬の引退犬を本気で考えた時期がありましたが、
      我が家の子が26キロだったので、大型は本当に力も必要だと思いました。
      教えていただいた保護犬サイトを見て、思わず登録しようかと・・・。
      多分、飼うと情が移ってしまい、皆、手放せなくなりそうです。
      夫は替わることはあっても、犬は最後まで面倒をみてきたなぁ・・・と考えてしまいました(*^_^*)

  2. まりすけ より:

    偶然、貴女のブログに出会い、少しだ救われた私です。
    昨年12月に配偶者をなくし、おひとりサマになりました。
    特段愛してるとか、そういう感じではなかったのに、今はメンタルクリニックのお世話になり、36年勤めた職場を退職しました。
    貴女の娘様と同じ仕事でした。
    毎日なお花やお食事のお写真、ステキです。
    応援してます〜としか言えませんけど

  3. まりすけ より:

    えとえと、救われたと言うのは、貴女のガンバリのことです。
    すごく頑張ってて。
    頭良くって。
    私もガンバリたいけど、無理みたいで。
    また、明日も楽しみにしてます。
    ブログ更新

    • だめ女 より:

      まりすけさま、
      コメありがとうございます。
      素晴らしいです、36年間、本当にお疲れさまでした。
      会社勤めは経験してきましたが、
      看護は何十倍も苦労も努力も必要な仕事だと、娘の話を聞いていて思いました。
      夫さまを見送られ、きっと今、一番お辛い毎日だとお察しいたします。
      お若くして亡くなられたのですね、残念ですね。
      いい方ほど、神様は早く召されるのだなと、最近思う事が多いです。
      今まで、もう十分に頑張って来られたのですもの、
      どうぞ、ゆっくり、お気楽にお過ごしくださいませ(*^_^*)
      私は今の職場を終えたら、超お気楽人間になって、
      フラフラしようと夢見ています。
      それまで、もうひと踏ん張り、頑張りますが、
      いや、アホですよ、真ん中が抜けているので、お恥ずかしながら(笑)
      60才の分別がない、と母にいまだに叱られています(^_^;)