還付金サギにやられました・・・まさかと思った

◆広告エリア

やられた。

振込サギだ。

まさか、まさかの、あの振込サギだ。

悪質で最低の犯人たち、

一日も早く、逮捕して欲しいです。

悔しいと言うか、恐い。

本当に、すぐ、そこに、居るのだなと思いました。

昨夜、久しぶりに地元の友人と電話で4時間。

わずか2ヶ月の間に、お互い山ほど積る話があった。

彼女の母親は現在、79才。

遊びに行った時、お会いした事もある。

聡明で、美人で、ステキな女性だ。

その後、年齢を重ねられたが、今も健在だ。

絶対、100%、サギに遇うタイプではない。

その母親が、かかってきた電話を取ると、

「入院された際の医療費の計算に間違いがあり、払い戻します」

で始まり、その還付金額も微妙。

21300円。

大きな金額ではなく、いかにも、という金額提示。

カマをかけられ、

「ああ、去年、入院した時のですか・・・」と返答し、

サギ師はきっと、電話の向こうで、シメシメだったと思う。

返金手続きに期限があり、お話しますので、

説明に従って・・・と言葉巧み。

勿論、不審に思った点は質問したが、全てソツのない回答。

その上、声優かと思うほど、

電話応答は、公的機関より、どちらかと言うと、銀行員のような話し方で、

非常に紳士的。

サギ師は、銀行ATMでなく、

スーパーのATMに、説明しながら誘導。

お母さんは、銀行の通帳も印鑑も、持ち出していないので、

安心している。

電話の指示に従って、還付金操作をする。

「ニ、ハチ、サン、ゼロ、ゼロ、ゼロ、」

ここで、283000円とは言わない。

まるで暗号のような操作。

次は、こうしてください、

次は、ハイ、そうです。

そして、ATMの操作を必死でクリアし、

これで還付金手続きも完了した、と思ったそうだ。

その瞬間、普通口座の残高から、283000円は消えた。

この電話、かかってくる時間帯が、よく考えている。

同居しているとしても、若い人の不在の昼間にかかってくる。

そして、友人がお盆に帰省した直後だった。

家族が集まる時期ははずしている。

お母さんは、帰宅した独身の姉に話し、

それで、お姉さんは即、気が付き、110番。

その後、外出されていたご主人も帰宅。

振込先の口座は、すぐ凍結された。

が、当然、お金は戻っては来ない。

ゼロが1個、少なかっただけでも、よかったと思ったという。

友人は、常々、

「ただ程、恐いものはないから、気をつけなさい」と

母親に注意されていたし、まさかと思ったそうだが、

それほどに、犯人は、芝居がうまいらしい。

高齢者は年を重ね、

よっぽど苦労の多い人生でない限り、

大らかで、やさしく、素直で、良心的だ。

それを逆手に取る犯人たち。

卑怯で悪質という言葉以外、ないな、と思いました。

その話とは別件もあり、友人の親戚で、

警察から電話があり→息子が泣きじゃくり→別人から電話が入り・・・

というケースのサギもあり、

こちらは、途中気が付き、未然に防げたそうだけど、

金額は、もっと大きい金額の提示だったそうで、

本当に、身の回りで両手広げて待ってるのだなと思いました。

実家の母は85才で独居。

独居だからこそ、自身、気を付けては居ると思うけど、

電話しておこうと思いました。

しかしね、

年金は、年々、少なくなるし、

人を騙そうとする輩は、すぐそこに居るし、

とかく、この世は住みにくい・・・。

情に棹差せば流されるのだから。

2016-12-a-006

鶏骨付きモモ、

冷凍しておいたので、

身をほぐして。

写真、ボケました。

撮影者並のピンボケです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!