不仲夫婦の不思議、そのいきさつと怖い話、ウナギ食べました。

我が家の不思議と、怖い話です。

そして、不仲な夫婦のいきさつ。

お金を管理はオレがする、と言い出した不仲夫、

これこれ、10年になるかな?

結局、それまでコツコツ私が貯金しておいたのに、

海外ゴルフや買い物、飲食などで、全部使い果たした。

あっという間だった。

それから、生活費だけを、もらうことに。

10万が、7万になり、5万、

そして、8年前、娘が大学生になった時には、3万になった。

もちろん、学費は、出さない。

保険代その他も一切、援助なし。

その代わり、

「オレの食事はつくらなくていい」

「洗濯もしなくていい」

そりゃそう、(´゚д゚`)

娘と二人の生活費が3万じゃね・・・・。

それ以来、こういう生活で、

各々が、自分の為に、生活用品やら、食事も調達。

それでも、年に数回、コストコや、

大型ホームセンターに行く時は、一緒に買い物をしていた。

ところが、それも別々のカートになり、

別会計、

最近では、完全な家庭内離婚だと思う。

もう家族という関係より、

ルームシェア相手かな?

各々、互いを関知せず、

ほぼほぼ、おひとりさま生活ですが・・・

昨日は、夫がトラックで帰って来てから、

長時間、姿が見えず。

作業場から家にも入って来ていない。

マイカーはある。

コンビニでも、言ったのだろうと、

私はおひとりさま飯を。

ところが、9時近くになっても、

階下からは、物音ひとつ聞こえない。

こういう時は、色々、あらぬ事を想像する。

作業場で倒れている?

従業員は帰った後だし・・・

飲みに行った?

でも、明日も仕事だから、それはないなぁ・・・

救急車、呼ばないといけない!?

いや、もう、手遅れかも・・・

私の喪服姿が浮かんできた。

もしかして・・・。

結局は、遅遅に、帰ってきました(笑)

買い物に行っていたようでした。

テイッシュがなかったようで、

食べるものもなかったようで、

どこかで、食べて買い物してきたようでした。

一応、心配はするので、

多少の愛情というか、

19年間、一緒に暮らしてきたので、

気になるところです。

もし、何かあって、

翌朝、硬直状態の夫を発見するのは、辛いです。

介護の仕事をしていた時、

訪問すると、その状態で、ショックだったのが浮かんできます。

娘のように、

そういう事が、日常茶飯事だと、

免疫もできるけどね。

でも、私が、二階でそうなって居たら・・・・

多分、数日は、放置だろうなぁ・・・

ペットの鳥も・・・

怖い話です。

しっかり生きようと思います。

藁にしがみついても、生きなきゃいけないです。

昼ごはん、
買い物の途中、思考、判断力が途切れました。
フラフラと、買ってしまいました。
食べたかったのだろうなぁ~(笑)
病気で痩せてきたので、
ガッツリ、行きました。

シイタケが食べたかったので、
具が余ったので、
ワンパターンです、
ピーマンで。

ヤゲンとゴーヤ、
ゴーヤが売り場から、減ってきました。
涼しくなったものなぁ・・・

今日からの3勤、
これだけで足りるかな・・・
とりあえず、弁当はOkです。

さて、階下で夫がサッシを閉めています。
従業員も出勤してきました。
頑張ってください、72才。

私は、私で頑張ります。
オカアサンイッテラッシャイと、
鳥に見送られ、さあ、3勤です。

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加