大変な事になった、不仲な夫に認知の出現!?まさか?・・・あんかけ焼きそば、刺身定食おいしかった~

大変な事になった。

まさかとは思うけど、

もしかしたら・・・覚悟しなきゃいけない?

でも、ちょっと、早すぎない?

昨日は、連勤、最終日、

前日、また寝落ちしてしまい、

朝も、しっかり寝て、弁当も作らず出勤。

会社では、わがまま同僚のヒステリーにたじろぎ、

朝から、どうした!?

参りました。

とりあえず、相手にせず、聞き流す。

そして、いつものように仕事を終え、

ああ、やっと休みだ。

・・・

食べたいものはあるけど、

明日ね、明日、料理しよ。

おお、美味しそうな刺身、

今夜は刺身定食がいいわ。

そんなこんなで、

買い物をしていたら、

バスの時間を間違え、着いたバス亭は、無人。

ああ、遅かりし、由良の介~(T_T)

次の駅まで電車で進み、またバスに乗る。

ああ、我が家、

不仲な夫の待つ?我が家、

暖房だけは効いているのは、ありがたいことだ。

買い物を片付け、晩ごはんの準備。

そして、一階居間の雨戸を確認。

夫はサッシの鍵も壊れているのに、

雨戸の鍵もかけないので、この時点でチェックする。

その妻の様子を、これまた、

TVを見ながら、すぐ横で不服そうな顔で見ている夫だ。

でも、鍵もかけずに・・・なんてね、

ところが、昨夜は違った。

なんと!

レースのカーテンを除けると、

雨戸は閉めてあったけど、

ガラスのサッシは開放のまま!ww(゜_゜)

そりゃ、寒いだろうし、暖房効かないわ。

一体、何時頃から、この状態?

驚いて、夫に言った。

「窓ガラス、閉まってないけど」

その返答は、

「黙って、閉めりゃいいだろ!」

そして、また汚い暴言を吐いて、風呂場に消えた(-_-;)

ヘルパーをしていた時、

朝、到着すると、雨戸はほぼ閉まっていたものの、

サッシが開放で、利用者が亡くなられていたことがあった。

第一発見者だったので、

大変な事になった。

かれこれ・・・15年くらい前のことだ。

その情景が浮かんできた。

認知が急激に進んでいた高齢者だった。

夫は今年、72才だ、

ちょっと、早くないかい?

休みの日は、一日、TVの前で、

あれだけ、ボーと見ていたら、ヤバくないかと思う位だ。

外からの冷気にも気が付かない。

勿論、点呼もしないし・・・

とりあえず、今後は、早い段階で、最終点検だ。

あれじゃあ、だれでも、どうぞ~状態だもの。

死にたくはないです。

ましてや、

夫と一緒にだなんて、とんでもない(-_-;)

しかし、いよいよ、来たのだろうか。

単なるウッカリ?じゃあ、無理がある。

多分、少なくとも、3時間はあの状態だったと思う。

覚悟して、

今は見守る・・だけかな。

そう言いながら、今日は仕事に出掛けたようだ。

トラックは運転できるようだ。

きっと、ゴルフもできるのだろう。

なんだかな・・・

ビビルわ。

この先、怖いことになる幕開けなのかも・・・。

昼はコンビ弁当。
あんかけ焼きそばです
足りませんでした。
パンを一個追加しました。

晩ごはん、刺身定食。
美味しかった~~(^-^)
これから、刺身にしよう。
一人って、一個買えばいいものね^^

 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ  
*いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加